FC2ブログ
  • プロフィール

    オヤびん

    Author:オヤびん
    高知県高知市在住

  • FC2カウンター

  • ブログ内検索


2008/03/22(Sat)

小休止

年度末で多忙のため、更新を少しさぼります。

4月に入ったら再開したいと思っていますので、その時にはまたよろしくお願いします。
スポンサーサイト



FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/21(Fri)

豆パンととんかつサンド (内灘:ボングー)

石川県は河北郡内灘町にあるボングーさんのパンをいただいた。

一つは「豆パン」。石川県のパン屋さんでは、大抵のお店で豆パンを作っているようだが、使っている豆の種類は様々。こちらのお店のものは金時豆。

豆パン(ボングー)


袋を開けて、横からみたところ。

豆ぱん(ボングー)


豆が甘過ぎなくて、やさしい味わい。

それから「とんかつサンド」もいただいた。前にも紹介したが、こちらのとんかつサンドは好みの味で気に入っている。

とんかつサンド


他にもいろいろと食べてみたいものがあり、訪れる度に迷ってしまう。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:パン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/20(Thu)

ふやき御汁 宝の麩 暫 (加賀麩 不室屋)

金沢市にある加賀麩不室屋さんの「ふやき御汁 宝の麩 暫」をいただいた。

麩


麩に穴を空け、昆布だし粉を入れたところにお湯を注ぐ。

麩


お湯を注いだ後、おぼろ昆布を載せたものがこちら。中身は花麩とほうれん草。

麩


とても上品な味わいで、これだけでなんとなく優雅な気分にさせてくれる。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/19(Wed)

酒粕 (波瀬正吉)


静岡県の土井酒造さんが醸される日本酒に「波瀬正吉」という杜氏さんの名を冠したものがあるのだが、その酒粕をいただいた。

金沢市の酒千庵水上さんに昨年いただいたもので、少し食べた後、一年間冷蔵庫の中で寝かしておいたもの。

酒粕(波瀬正吉)


いただいた直後は凄くきれいな味の酒粕であったのだが、一年間寝かされたものは、良い感じに熟成されており、ねっとりとして上品な甘味を強く感じる。まるでお菓子を食べているかのような気がしてくる。

これまで酒粕が手に入るとすぐに食べてしまうことが多かったのだが、いい酒粕は熟成させるとまた別の味わいに変化することがわかったので、これからもいろいろ試してみたくなってきた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/18(Tue)

玉子&カツサンド (内灘:ボングー)

河北郡内灘にあるパン屋ボングーさんの「玉子&カツサンド」をいただいた。250円。

玉子&カツサンド(ボングー)


ボングーさんの食パンは好みの味なので、このカツサンドにも期待していただいたが、期待以上に美味しいものであった。カツの付いているソースが絶妙で、とげとげしさがなく、やわらかい。玉子サンドもホッとするような味わい。

こちらのお店にはサンドイッチだけでなく、様々な種類の惣菜パンがあるので、いろいろと試してみたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:パン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/17(Mon)

酔鯨 吟寿 うすにごり  無濾過生 (高知県:酔鯨酒造)

高知県は高知市長浜にある酔鯨酒造さんの醸された日本酒「酔鯨 純米吟醸酒 吟寿 うすにごり 無濾過生」をいただいた。

高知市にある中岡酒店さんにて購入。720mlで2205円。

お店の方に聞くと、この吟寿はかなり評判が良いとのことだったので期待して飲んでみることにした。

酔鯨吟寿うすにごり



酔鯨吟寿うすにごり



酔鯨吟寿うすにごり


酒歴書はこちら。精米歩合は45%なので大吟醸と言ってもよいほどである。

酔鯨吟寿うすにごり


酔鯨のお酒には、あっさりしていて沢山飲めるというイメージがあるのだが、この吟寿は無濾過生だからか、しっかりとした濃い味わいを感じる。米の甘味が強く感じられるが、その中にギュッとした酸味があって、素直に美味しいと思える。(もしかすると酸味ではないのかもしれないが、頬の裏にギュっとくる感じが心地よい)

あわせたのは「牛ステーキ」。窪川牛のサーロインを使ったもので、付け合せは小松菜を茹でたもの。

窪川牛ステーキ


「じゃがバター」。近所のスーパーで見つけたインカのめざめを使って。以前にじゃがバターにはまったときには、きたあかりが気に入っていたのだが、このインカのめざめにはそれとは別方向の美味しさがある。じゃがいもとは思えない程甘味が強くて、お菓子のような感覚で食べることが出来る。

インカのめざめ


今回いただいた「吟寿 うすにごり 無濾過生」は、酔鯨のお酒に対してこれまで持っていたイメージを変えてくれるものであった。まだ半分残っているので、開栓後の変化も楽しんでみたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/16(Sun)

金澤豆腐 (にのみや)


芋焼酎の「日向あくがれ 東郷 大地の夢」を飲みながら、前からなんとなく気になっていた豆腐をいただいた。

金沢市にあるにのみやさんの作られた豆腐「にのみや 金澤豆腐」がそれ。柔らかい大豆の香りと甘味があって、何もつけなくても飽きずに食べられる。

金澤豆腐(にのみや)


その他に食べたのは「鶏の唐揚げ」。

鶏の唐揚げ


「マカロニサラダ」。

マカロニサラダ


なんということのない晩酌だが、焼酎のお湯割りの飲みながらゆったりすることが出来た。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/15(Sat)

水餃子 (第七ギョーザ)

金沢市杜の里にある第七ギョーザさんの冷凍餃子が中途半端に余っていたので、水餃子に挑戦してみた。

挑戦したといっても、作り方は

1)湯を沸かす
2)冷凍餃子を放りこむ
3)餃子の真ん中が熱くなるまで茹でる

なので、至極簡単。

出来たのがこちら。

水餃子(第七)


茹でた場合に餃子の皮がどうなるのか少し心配であったが、思っていたよりもしっかりもちもちとしている。水餃子は普通に焼いた(揚げた?)場合よりも中に入っている野菜(ニラなど)の香りが残っていて、これはこれでなかなか美味しい。通常の作り方に比べてとても簡単なので、手っ取り早く食べたいときにはいいかもしれない。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/14(Fri)

メキシカンピーナツ (野村煎豆加工店)

ビールのつまみに高知市の野村煎豆加工店が作られている豆菓子「メキシカンピーナツ」をいただいた。高知で「メキシカン」と言えば、この豆のことを指している。

メキシカン


この「メキシカン」なる豆菓子は以前にトヨイチのボンゴ豆のエントリーで少し紹介したもので、ボンゴ豆になんとなく似ている。

メキシカン


外側にほんの少しだけ辛味があって、ビールにはよく合い、ポリポリポリポリと、ついつい手が伸びてしまう。

ボンゴ豆やメキシカンのような豆菓子は食べ過ぎてしまう危険性があるのだが、なんとなく懐かしい味わいで、ホッとする。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/13(Thu)

麩万頭 (加賀麩司 宮田)

金沢市にある加賀麩司 宮田さんの「麩万頭」をいただいた。

麩まんじゅう


今回いただいたのは春の限定品「桜万頭」。桜餅のように塩漬けの桜の葉に包まれた麩万頭。

麩まんじゅう


桜の葉が少し塩辛いが、麩がやわらかく、こしあんも優しい味で、スッと食べ終えてしまう。

麩万頭は要冷蔵なので離れたところへのお土産にはしづらいのだが、独特の感触があり、いろんな人に試してもらいたい一品だ。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/12(Wed)

ふやき御汁 宝の麩 加賀みそ (不室屋)


石川県の加賀麩と言えば有名であるが、手軽なお土産としてよく利用しているのが不室屋さんの「ふやき御汁 宝の麩」。珍しい、長持ちする、軽い、美味しい、ということでお土産として重宝している。

不室屋


いつもは人にあげてしまうので自分で食べることはないのだが、今回はたまにはと思って試してみたのがこの3個入りのもの。

不室屋


まずは「加賀みそ」をいただいた。

不室屋


添付の味噌と穴を開けた麩をお椀に入れる。

不室屋


そこにお湯をそそぐと、見た目の綺麗な味噌汁が出来上がる。(おぼろ昆布が添付されていたので、それも載せた。)

不室屋


手間としてはインスタント味噌汁と同じであるが、見た目が良く、何より味が良い。

今回は味噌汁であったが、まだその他のものが残っているので、そのうちに試してみるつもり。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/11(Tue)

無風(むかで) 純米吟醸無濾過生原酒 (岐阜:玉泉堂酒造) 2


岐阜県は養老郡養老町にある玉泉堂酒造さんの醸された日本酒「無風 純米吟醸無濾過生原酒」を再びいただいた。

無風


無濾過生ではあるが、開栓後少し時間がたったぐらいでは変化をあまり感じられない。しっかりした造りだからであろうか。やわらかい甘味は相変わらず。

あわせたのは「おでん」。金沢市石引にある「若葉」さんのもの。おでんは長く楽しめるところが良い。第1弾は大根、ばくだん、肉団子。こちらのお店のばくだんは巨大なので、半分に切って出すことにした。そして驚いたのが肉団子。おでんに肉団子というのは、私的には?なのだが、この肉団子はすごく美味しい。団子が柔らかく、全く味が抜けてなくて、なんともやさしい味わい。市販の肉団子を買ってきて投入してもこの味は出せないであろうことから、専門店の凄さを感じる。

おでん(若葉)


第2弾はロールキャベツ、つみれ、卵。ロールキャベツは箸で簡単に切れるほど柔らかく煮込まれ、美味しい。卵は、だしがとてもおいしいので、自分で茹でて足したもの。

おでん(若葉)


若葉さんのおでんとは全く関係がないが、自分でおでんを作るときによくいただく角天がこれ。

天ぷら


近江町市場にある岩内蒲鉾店さんのもの。金沢市内のスーパーでも売っているのをたまに見かける。長く煮込んでも味が抜けないところが気に入っている。

天ぷら



それにしても、若葉さんのおでんには楽しませてもらった。自分で作ったおでんもそこそこ美味しいと思っているが、専門店の味わいにはやはりかなわない。今度はぜひお店で楽しんでみたいものだ。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/10(Mon)

ハーゲンダッツ モンブラン

スーパーでハーゲンダッツの割引セールをやっており、なんとなく覗いてみたら、モンブランがあったので気になって購入してみた。

ハーゲンダッツ(モンブラン)


蓋を開けるとこんな感じ。蓋に印刷されているものイメージは異なるが、まあそれはそれ。

ハーゲンダッツ(モンブラン)


上にある茶色の部分が栗で出来たもので、確かにモンブランの味がする。これだけを食べると結構甘いのだが、下のアイスの部分と一緒に食べると丁度いい感じで、延々と食べ続けることが出来そうな気がする。

ハーゲンダッツのアイスは高級というイメージがあって、なかなか手が出ないのだが、たまに食べると大抵満足出来てしまう。最近は割引していることもちょくちょくあるので、その時を狙っていろんな味を楽しんでみたいと思う。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/09(Sun)

麒麟 ZERO

お風呂上りにKIRINの発泡酒「麒麟 ZERO」をいただいた。

ZERO


糖質ゼロをうたっているだけあって、カロリーも低い。

ZERO


風呂上りだったので、最初に飲んだときはさっぱりしていて、素直においしいと思った。しかしながら、喉の渇きがおさまってくると、なんとなく水っぽいような気がする。濃い飲み物が好きな人はあまり沢山飲めない感じだろうか。

汗をかいた後に、カロリーのことをあまり気にせずにグビグビッと飲むには適している発泡酒だと思う。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/08(Sat)

無風(むかで) 純米吟醸無濾過生原酒 (岐阜:玉泉堂酒造)


岐阜県は養老郡養老町にある玉泉堂酒造さんの醸された日本酒「無風 純米吟醸無濾過生原酒」をいただいた。

これは金沢市の酒千庵水上さんで購入したもの。720mlで1250円。

見慣れない一風変わったラベルなのでお店の方に聞いてみたところ、これは「無風」と書いて「むかで」と読むそうで、むかでは前にしか進まないから縁起が良いのだとのこと。

無風


特A地区の山田錦を使っているが、値段は抑えられている。

無風


裏ラベルはこちら。

無風


そして、こちらが酒質。玉泉堂という名前は聞いたことがあったのだが、最初に聞いたときにはどこのお蔵なのかわからず、「醴泉」を醸されている蔵だと聞いて、思い出すことが出来た。この商品は「酒職人ギルド」と呼ばれる酒屋さんの集まりが注文している商品だとのこと。

無風


飲んでみるとしっかりとした吟醸香があり、きれいなお酒。やや甘味が強いが、やさしい味わいだと思う。

あわせたのは「やりいかの刺身」。このやりいかは魚津産のもので、自分でさばいてみた。いか独特の甘味があってなかなか美味しい。

やりいか刺身(魚津)


そして、若葉さんの「おでん」。

まずは大根、卵、つみれ、糸こんにゃく。大根には良く味が染みており、とてもやわらかい。つみれも柔らかいが、とてもしっかりとした味をしている。つみれを食べてこんなに美味しいと思ったのは初めてかもしれない。そしてびっくりしたのが糸こんにゃく。この糸こんにゃくはものすごく歯応えがあり、キリキリとしているのだが、これまた味が染み渡っていて美味しい。

おでん(若葉)


ばい貝、牛すじ、また卵。金沢のおでん種で独特だと思うもののひとつにばい貝があるが、自分でおでんを作るときにはなかなか入れられないので、お店では必ず頼んでしまう。牛すじはやわらかく、かつゼラチン質がねっとりとしていて、とても美味しい。

おでん(若葉)


「厚揚げにんにくぬた」。

厚揚げにんにくぬた


「小松菜サラダ」。ロイヤルカリブと茹でた小松菜を玉葱ドレッシングで和えたもの。海苔をちぎってかけると少し和風になって美味しい。

小松菜とロイヤルカリブ



「無風」は甘味に特徴のある日本酒だと思うが、しっかりとした純米吟醸酒で火入れしたものも飲んでみたいと思わせられるお酒である。

それにしても、若葉さんのおでんは美味しい。お店の味を家でゆっくりと味わうからなのか、しみじみと幸せな気持ちになった。おでんはまだ残っているので、再び食べるのがとても楽しみだ。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/07(Fri)

おでん (若葉 : 金沢市石引) 

金沢市石引にあるおでん屋若葉さんを訪れ、おでんをテイクアウトさせていただいた。

若葉さんは金沢でも有名なおでんのお店だが、実は訪れるのは初めてだったので、事前に持ち帰り可能かどうかを電話で確認してから訪問した。

お店が午後5時に開くということで、開店前から鍋を抱えて店の前で待機していると、開店時間丁度にお店の方が出てきて入れてくれた。

店の中に入ると透き通っただしの中に浸かったおでんがあり、どれにしようか目移りする。

今回は初めてということで、見た目で判断したものがこちら。鍋にはこのようにだしをたっぷりと入れてもらえる。

おでん(若葉)


金沢ではあまりみかけないおでんにつける味噌も付けていただいた。

おでん(若葉)


もちろん辛子も。

おでん(若葉)


これを肴にお酒を飲むのが楽しみだ。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/06(Thu)

塩けんぴ (南国製菓)

高知県は高岡郡四万十町の南国製菓さんで作られた「塩けんぴ」をいただいた。

これは高知のスーパーで購入したもの。

塩芋けんぴ


南国製菓さんの海洋深層水を使った芋けんぴは以前にもいただいたので、外の袋は異なるものの中身は同じだろうと思っていた。

が、中身(味)は全く異なっていた。

塩芋けんぴ


以前のものは結構塩気が効いていて、おやつとして長く食べ続けるのは少し大変だが、今回のものはしょっぱいという程の塩辛さではなく、ほんのり塩辛い程度で、基本的は甘い。これならば、小腹が空いたときには一袋ぐらいは軽くいける。

海洋深層水を使った芋けんぴにもいろいろとあることがわかったので、今度は最近近所のスーパーで見つけたものでも試してみようと思う。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:芋けんぴ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/05(Wed)

日向あくがれ 東郷 大地の夢 (富乃露酒造)

宮崎県は日向市東郷町の富乃露酒造さんで醸された焼酎「日向あくがれ 東郷 大地の夢」を再びいただいた。

前回はストレートとロックだったので、今回はお湯割りを試してみた。

東郷大地の夢


この「東郷 大地の夢」はロックで飲んだときは何か焦げたような、独特の香りを感じたのだが、お湯割りにするとこの香りは薄れ、非常にきれいな焼酎という感じを受けた。

あわせたのは「厚揚げと小松菜の甘酢あんかけ」。厚揚げと茹でた小松菜を炒めて、市販の甘酢あんかけをかけたものだが、甘酢の酸味と焼酎のお湯割りは良く合う。

厚揚げと小松菜の甘酢あんかけ


「肉じゃが」。しらたきを足して、少し甘辛目のすき焼き風にしてみた。

肉じゃが


今回いただいたお湯割りでは、香りと同時にこの焼酎の持つ強い甘味も薄れてしまったような気がするので、もしかするとお湯の温度が高すぎたのかもしれない。今度はお湯の温度にも注意して楽しんでみるつもりだ。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:焼酎 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/04(Tue)

御湖鶴 活性にごり酒 (菱友醸造) 2

長野県は諏訪郡下諏訪町の菱友醸造さんが醸された日本酒「御湖鶴 活性にごり酒」の口開け後の変化を楽しんだ。

口開け直後に比べて発泡具合は弱まっているものの、まだ心地よい感じで残っている。今回は上澄みとおりの部分を別々に味わってみたが、この日本酒はおりの部分に米の形状が残っているので、上澄みにくらべて幾分味がしっかりしている。しかし、どちらかと言えば上澄み部分の方がきれいな感じで口当たりはよい。

御湖鶴活性にごり


あわせたのは「牛モモステーキ」。肉は高知県の窪川牛。きれいなにんにくがあったので、ガーリックステーキにしてみた。このように味の強い料理でも、発泡性の日本酒ならば良く合う。

牛ステーキ


「サラダからし菜のサラダ」。かにかまと玉ねぎドレッシングで。

サラダ


御湖鶴銘柄の活性酒を飲んだのは今回が初めてだが、結構面白い日本酒であった。しかし、御湖鶴の特徴である独特の酸味は感じられず、その点が少し残念だった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/03(Mon)

日向あくがれ 東郷 大地の夢 (富乃露酒造店)

宮崎県は日向市東郷町にある富乃露酒造さんの醸された芋焼酎「日向あくがれ 東郷 大地の夢」をいただいた。

これは金沢市にある田鶴酒店さんで購入したもの。720mlで1550円。

富乃露酒造さんの醸される焼酎は好みのものが多いので、その年の新しい銘柄を見つけるとつい手に取ってしまう。この「東郷 大地の夢」も以前にいただいたことがあり、とても美味しかった記憶があるので、今回も迷わず購入してしまった。

東郷大地の夢


黒麹を使ったもので、アルコール度数は28度。

東郷大地の夢


裏のラベルかこちら。使われている芋の名前が焼酎の名前と同じ「ダイチノユメ」。

東郷大地の夢


まずはストレート、そしてその後はロックで楽しんでみた。この焼酎は芋の甘い香りが強いが、その中に焦げたようなものが感じられ、独特の風味を醸しだしている。結構強い酒質に感じられるので、料理もしっかりした味付けのものが良さそうだ。

あわせたのは「肉じゃが」。

肉じゃが


「厚揚げのにんにくぬた」。これはにんにくのくせの強いところが、焼酎に良く合う。

厚揚げにんにくぬた


今回使ったにんにくぬたはこのようなもの。よいち水産という会社で作られているようだ。

土佐のにんにくぬた


「東郷 大地の夢」を今回はおもにロックでいただいた。富乃露酒造さんの焼酎はお湯割りがまた格別なので、次はお湯割りを試してみたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:焼酎 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/02(Sun)

五凛 純米生酒 (車多酒造) 3

石川県白山市の車多酒造さんが醸された日本酒「五凛 純米生酒」を三度楽しんだ。

開栓してからちょっと日がたってきたが、独特の酸味がこなれて、全体のバランスが良くなっているような気がする。

五凛


あわせたのは「肉じゃが」。牛肉、じゃがいも、人参、玉ねぎであっさり目に作ってみた。じゃがいもは新じゃがだったので、丸のまま使用。じゃがいもはもう少し煮込むと味が染みてよくなると思うが、牛肉は柔らかくて美味しい。

肉じゃが


「沖うるめ干物」。沖うるめの干物は高知でよく食べられているもので、脂がよくのっている。これがあるとご飯を大量に食べられるのだが、お酒の肴としてもよい。ものによるが、これは頭から尻尾まで全部食べることが出来た。

沖うるめ


「五凛 純米生酒」を飲み終えたが、今度は火入れも飲んでみたいと思わせてくれる日本酒だった。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:北陸 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2008/03/01(Sat)

御湖鶴 活性にごり酒 (菱友醸造)

長野県は諏訪郡下諏訪町にある菱友醸造さんの醸された日本酒「御湖鶴 活性にごり酒」をいただいた。

金沢市の酒千庵水上さんで購入。720mlで1365円。面白そうなお酒なので、何かのときに開けようと思い、2ヶ月ほど寝かされていたもの。

御湖鶴活性にごり


ラベルにはお酒の説明とともに注意書きが…。

御湖鶴活性にごり


実はこのお酒、酒千庵水上さんのお店では表には出てなくて、裏からこんなお酒があるよ、と出してきていただいたもの。表にないのは、ご主人が不在のときに購入した人が、注意書きを読まずに開栓すると大変なことになる、と心配してのこと。

前の失敗があるので、今回は慎重に開けることにした。まずは汚れてもいい服に着替え、その後お酒を冷蔵庫から出し、冷えているうちに風呂場に運ぶ。早く飲みたいのをぐっとこらえ、慌てずにゆっくりと栓の開け閉めを繰り返してガスを確実に抜くと、5分程で危険は去った。

酒質はこちら。

御湖鶴活性にごり


ガスを抜く前の状態。おりの量は結構多い。

御湖鶴活性にごり


発酵しているので炭酸は強いが、あまり甘味を感じさせずスイスイ飲める。おりには米粒が少し混ざっていて、粗くろ過されているのがわかる。

あわせたのは「肉じゃが」

肉じゃが


「サラダ」。サラダからし菜とロイヤルカリブ(カニかまの商品名:今回はコープのもの)を玉ねぎドレッシングで。サラダからし菜はさわやかな苦味があって、なかなか美味しい。

サラダ


「卵焼き」。シンプルに塩と砂糖で焼いたもの。

卵焼き


今回飲んだ「御湖鶴 活性にごり酒」は、ガスを抜くときに上澄みとおりの分が混ざってしまったが、もうガスは抜けたので次に飲むときは2つの部分を別々に味わってみたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
Home Home | Top Top