FC2ブログ
  • プロフィール

    オヤびん

    Author:オヤびん
    高知県高知市在住

  • FC2カウンター

  • ブログ内検索


2009/07/31(Fri)

エチゴビール ビアブロンド (エチゴビール株式会社:新潟市)

新潟市にあるエチゴビール株式会社さんが醸造されている「エチゴビール ビアブロンド」をいただいた。コンビニ購入で350ml 279円。

”全国第一号地ビール”のようである。

えちごビール

”ビアブロンド”の特徴がこちら。

越後ビール

いただいてみると、苦みの効いたガツンとコクのある味わいで、ビールだけでゆっくり楽しんで飲むことのできるタイプである。

越後ビール


地ビールは10年以上前に流行り、全国各地で醸造されていたはずであるが、現在も存続しているものは一体どのくらいあるのであろうか。日本酒もそうであるが、地ビール会社さんにも是非頑張っていただいきたいものである。
スポンサーサイト
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ワイン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/30(Thu)

塩けんぴ (水車亭:高知県高岡郡四万十町)

高知県は高岡郡四万十町古市にある水車亭さん前を通りかかったので立ち寄り、「塩けんぴ」(1kg 787円)を購入。

海洋深層水を使った、少ししょっぱ甘い芋けんぴである。

塩けんぴ

中身はこちら。少し細身の芋けんぴには塩味が結構付いており、後を引く。

塩けんぴ


こちらの水車亭さんでは1kgの袋が山のように積まれており、来店する人のほとんどが2,3袋購入していく。中には10袋ぐらい買っていたお遍路さんも見かけたが、どこか別の場所から宅配便ででも送ったのだろうか…。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:芋けんぴ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/29(Wed)

野菜天ぶっかけ (中乃屋:高知県土佐市高岡町)

なんとなく夏野菜の天ぷらを食べたくなり、向かった先は土佐市高岡町乙3373-5にあるうどん屋の中乃屋さん。

いただいたのは「野菜天ぶっかけ」580円。

天ぷらが揚がるの少し待ち、出てきたのが下のもの。

青紫蘇、かぼちゃ、さつまいも、にんじん、しめじ、オクラ、ししとう、いんげん、玉ねぎかき揚げ、ピーマン(赤と緑)の天ぷらがうどんの上にドンと盛られている。少し平たいうどんにぶっかけダシをかけ、うどん→天ぷら→うどん→天ぷら→・・・、といただくと何とも楽しい。

中乃屋:野菜天ぶっかけ


狙い通り、夏野菜の天ぷらを堪能することが出来た。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/28(Tue)

張裕 金奨白蘭地

知り合いからのもらいもので、中国土産の「張裕金奨白蘭地」というブランデーがあることを思い出したのでいただいてみた。

ブランデー

何が書かれているのかよくわからないが、とにかくブランデーのようである。(表ラベルより)

一口飲んでみると、甘い。が、複雑というか多くの味を感じる。

ブランデー

あわせたのは「ポテトチップス しおとごま油風味」。ごま油の風味が食欲をそそる。

ポテトチップス


「張裕金奨白蘭地」は特につまみがなくても、じっくりチビチビいただくには面白いブランデーだと思う。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:その他 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2009/07/27(Mon)

豊か (SUNTORY)

サントリーさんが製造されている発泡酒「YUTAKA (豊か)」をいただいた。

名前の通り、多くの味わいを楽しむことが出来る発泡酒である。

ゆたか

あわせたのは「枝豆」。枝付きのものが売られていたので、それを適当にもいで茹でたもの。香りがとてもよく美味しい。

枝付き枝豆


暑い夏の日のビールと枝豆、たまらない組み合わせである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/26(Sun)

ざぶざぶぶっかけ (藤屋:高知市上町1丁目)

高知市上町一丁目にある藤屋さんを再訪。

今回いただいたのは前回訪問時にはメニューになかった「ざぶざぶぶっかけ」。550円+中盛50円の計600円。

通常のぶっかけとは異なり、深さのあるどんぶりが使われている。トッピングはちくわ天、ごま、葱、鰹節など。別添えのツユを豪快にかけていただくと、麺とつゆの具合がとてもよく、気持ちよく喉を通っていく。

藤屋ざぶざぶぶっかけ

上にのせられているちくわ天がまた美味しい。基本的に堅めの歯ごたえがしっかりしたちくわが好みであるが、こちらのちくわ天はやわらかいものの揚げたての熱々でダレてなく、ちくわの味をしっかりと楽しむことができる。

ざぶざぶぶっかけ(藤屋)


「ざぶざぶぶっかけ」の名前の通り、ダシが多めだったので、ちくわ天を食べきった段階でテーブルにあった天かすとゆず酢を投入。前回同様、この組み合わせがなんともいえずよい感じで、ダシを最後まで飲み干してしまった。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/25(Sat)

雪漫々 五年氷点下熟成酒 (出羽桜酒造:山形県天童市一日町) 3

山形県は天童市一日町にある出羽桜酒造さんが醸された日本酒「雪漫々 五年氷点下熟成酒」を三度いただいた。

お酒の名前からすると真夏に飲むものではないのかもしれないが、それもまたよし、と思って楽しむことにする。

雪漫々

あわせたのは「ネイリ刺身」。ネイリはカンパチのことで、高知での呼び名。コリっとした歯ごたえと軽く脂ののった感じがよい。

ねいり刺身

「鶏唐揚げ」。

とり唐揚げ

「冷奴」。青海苔入りの豆腐に茗荷の千切りとオクラのみじん切りをのせて。

冷奴

「めひかり天」。高知市にある岡村蒲鉾さんが造られているもので、めひかりと呼ばれる魚を材料にしたもの。めひかりは干物にすると抜群に美味しい魚であるが、このように天ぷらにしても独特の風味があってとても美味しい。

めひかり天


「雪漫々 五年氷点下熟成酒」を飲み終えた。また機会があれば飲んでみたいと思わせる日本酒であった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/24(Fri)

土佐弁芋菓子 (さんのみや:高知県吾川郡いの町)

高知県は吾川郡いの町にある さんのみやSS さんが製造されている「土佐弁芋菓子」をいただいた。178円。

芋けんぴ

袋にはいろんな土佐弁がその意味とともに書かれている。

芋けんぴ


芋けんぴ

袋の裏にも。

芋けんぴ

「かーらん」、「かーるにかーらん」、「かーらんにかーらん」、「かーったにかーらん」は土佐弁を知らない人から見ると面白い言葉のようである。

芋けんぴ

お菓子の中身はこちら。少し甘めの味付けだが、カラリと揚げられている。

芋けんぴ


このようにあらためてみると土佐弁はとても面白い言葉であり、ゆっくりといろんなことを調べたくなってきた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:芋けんぴ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/23(Thu)

角煮まん (角煮屋こじま:長崎市銅座町)

近所のスーパーで長崎特集のようなものをやっており、以前から気になっていたものがあったので購入。長崎市銅座町にある角煮屋こじまさんの「角煮まん」がそれである。

2個セットのものを買ったので、1つあたり300円ほど。

角煮まん

袋を開けると、

角煮まん

レンジでチンし、中の角煮を覗いたところがこちら。

角煮まん

いただいてみると、角煮はとても柔らかく滋味深い。付属の辛子をつけるとまた別の風味を楽しめる。

角煮屋こじまさんは角煮に特化したお店のようであるが、角煮まんの他にも興味をそそられるものがあり、是非いろんなものをいただいてみたいものである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/22(Wed)

雪漫々 五年氷点下熟成酒 (出羽桜酒造:山形県天童市一日町) 2

山形県は天童市一日町にある出羽桜酒造さんが醸された日本酒「雪漫々 五年氷点下熟成酒」をいただいた。一か月ほど前に開栓し、冷蔵庫で寝かせておいたもの。

一か月寝かせておいても味の膨らみなどにはまったく影響なく、口に含みころがしたときに感じる深味は相変わらずである。

雪漫々

合わせたのは「鰹タタキ」。

鰹タタキ

「魚のお寿司」。

寿司

「海老唐揚げ」。

エビ唐揚げ


「雪漫々 五年氷点下熟成酒」、もう1合ほど残っているので、あと少し楽しめそうである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/21(Tue)

芋けんぴ (ほがら菓たいむ)

サークルKサンクスさんで販売されている”ほがら菓たいむ”シリーズの一つ「はちみつ芋けんぴ」をいただいた。105円。

芋けんぴ

中身はこちら。はちみつでコーティングされているのか、表面には艶があり、かじるとふんわりとはちみつの香りがする。少し甘めであるが、パリパリとした歯ごたえが心地よい。

芋けんぴ


この「はちみつ芋けんぴ」、製造されているのは宮崎県児湯郡川南町にある村田製菓さんで、以前にいただいた「芋かりんと」と同じ製造者さんである。最近知ったのであるが、宮崎県も芋けんぴが名物になっているようなので、見かけることがあればいろいろ試してみたいと思う。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:芋けんぴ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/20(Mon)

floresta nature doughnuts (フロレスタ高知インター店:高知市杉井流)

高知市杉井流にある floresta nature doughnuts さんのフロレスタ高知インター店を訪問してみた。

どれにしようか迷った挙句、最初なのでスタンダードなものをと思い、次の2つを選択。

ひとつは「ネイチャー」。130円。素朴な味わいであるが、噛みしめるほどに美味しいと感じられる。

フロレスタ(ネイチャー)

もうひとつは「シュガー」。140円。「ネイチャー」に砂糖をまぶしただけのもののようであるが、砂糖と油がなじんでとても美味しい。

フロレスタ(シュガー)


シンプルで中身のしっかりつまったドーナツは食べ応えがあり、珈琲でも飲みながら食べるにはちょうど良い感じである。

また近くを通ったときには寄ってみることにしよう。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/19(Sun)

コロナ・エキストラ缶 

何か変わったビールはないかと思いコンビニに寄ってみたところ、日本ビール株式会社さんが取り扱われている「コロナ・エキストラ缶」を見つけたので購入。355mlで250円。

なかなかかっこいいデザインの缶で、

コロナ缶

プルタブもしゃれている。

コロナ缶

原産国はメキシコである。

コロナ缶

缶についているビニールの中には、ライム果汁が入っている。(実際にはライムとゆずから出来ているようだ。)

コロナビールと言えば、瓶ビールの口からライムのくし切りを押し込む飲み方が有名であるが、この缶タイプでもその風味を気軽に楽しめる、ということであろう。

コロナ缶


まずはライムを入れずにいただいてみたが、すっきり軽いビールでスイスイ飲める。続いてライムを投入すると、その香りと酸味がビールの味わいを広げ、まったく違った風味を楽しめる。

暑い夏の夜、軽いつまみで飲むには良いビールだと思う。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/18(Sat)

特製カレーうどん (m's factory:高知市神田)

高知市神田にあるm's factoryさんを再訪。

今回はうどんのテイクアウトを試してみた。

注文したのは「特製カレーうどん」450円。
カレーは注文してからいろんな作業をするようで少し時間がかかるが、雑誌を見ながら待っていればそれほど気にならない。

出来あがってきたものがこちら。発泡スチロールの器に入ってくる。

m's factory

カレーの具には、豚肉と葱、大きな塊は油揚げである。少しやわらかめの麺にルーがよくからみ、スパイシーな感じもほどよく、とても美味しい。

m's factory


うどんの量が結構あって、満足できた。

こちらのページに載っている写真には煮玉子がのっているが、お店で食べると付いてくるのであろうか…。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/17(Fri)

ぶっかけうどん(肉入り) (しまだ製麺所:高知市長浜)

高知市長浜にあるしまだ製麺所さんを再び訪問した。

今回は熱いダシの味を試してみようと思っていたのだが、気温が高く暑かったので冷たいうどんに。

いただいたのは「ぶっかけうどん(大)」350円「肉」50円をトッピング。

しまだ製麺所

50円なので肉の量はそれほど多くないのだが、甘辛く煮つけられていて、うどんの量に対しては程良い感じであった。

しまだ製麺所


前回に続き、今回も最後までダシを飲み干してしまった。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/16(Thu)

鰹みそ (だるま味噌:高知市大津)

高知市大津にあるだるま味噌(株)さんが造られている「鰹みそ」をいただいた。1カップ300円弱。

少し前、このおかずみそにはちきん地鶏からとったスープが使われていること知り、なんとなく気になっていたもの。

鰹みそ

外側の蓋をあけると入っているのはレシピ集。

鰹みそ

こちらが鰹みその表面。スープでのばしているからか、少しやわらかめである。

鰹みそ

炊きたてのご飯にのせていただくと、鰹の濃厚な味と香り。なんとなく、味噌に粉節が混ぜ込まれているような舌触り。そこにニンニクの風味が加わって、さらに鶏ガラスープが味の奥行きを深めているという感じであろうか。この味噌だけでご飯を何杯も食べられそうである。

鰹みそ


だるま味噌さんではこの他にも幾つかの種類のお味噌を造られているようなので、別の品も試してみたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/15(Wed)

ジョッキ爽潤とスーパーブルー (サントリー)

新ジャンルビール(第3のビール)を二種類ほどいただいた。一つはサントリーさんが醸造されている「ジョッキ爽潤」。一時期よく飲んでいた「ジョッキ生」と似た味わいである。

サントリー

あわせたのは「厚揚げとにらの甘酢炒め」。にらと甘酢は結構良い組み合わせのようだ。

にらと厚揚げの甘酢炒め

「牛肉たたき」。最近たまに和牛のタタキを購入するお店にあったもので、こちらはオーストラリア産の牛肉を使ったもの。やはり和牛の方が美味しいと思うが、焼き加減が良くて安いのでこちらの選択肢もありだろう。

牛肉タタキ

「アスパラ浅漬け」。アスパラを適当な大きさに切って、生のまま浅漬けにしたもの。少し漬け時間が短かったようだが、シャクシャクとした歯ごたえが心地よい。

アスパラ浅漬け

「ジョッキ爽潤」が350mlだったのでそれだけでは足りず、やはりサントリーさんの「スーパーブルー」をいただく。

スーパーブルー

缶の右上を見ると、”CO-OP”と書かれており、通常のものよりも少し安いように思われる。

スーパーブルー


ビールも種類を選ばなければ安くなったものである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/14(Tue)

コクの時間 (キリンビール)

キリンビールさんが醸造されている第3のビールである「コクの時間」をいただいた。

第3のビールにしては濃く感じられる味わい。

コクの時間

一緒にいただいたのは「あぞのトマト」。小振りのトマトであるが、皮が堅く、味がギュッと詰まっていて美味しい。

あぞのトマト


第3のビールに分類されるものは軽く、後味に通常のビールとは異なるもの感じることがよくあるのだが、この製品はあまりそれを感じずに飲むことができ、この種類のものも随分と進化しているのだと思った。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/13(Mon)

大辛口 特別本醸造 須崎 (徳久酒店オリジナル:高知県須崎市)

先日須崎市を訪れた際、ついでにお酒を買いに行こうと思って訪問したのが徳久酒店さん。

購入したのは徳久酒店さんのオリジナル商品の「大辛口 特別本醸造 須崎」。720ml 1365円。

こちらは外箱の様子。

須崎

中身はこちら。

須崎


須崎

中土佐町久礼にある西岡酒造さんにて造られたもののようである。

須崎

いただいてみると、大辛口と名付けられているだけあって、グッときてスッと切れていく感じであろうか。このタイプのお酒は肴無しでもグイグイ飲めてしまう。

須崎

あわせたのは「あじ南蛮漬け」。

あじ南蛮

「オクラ浅漬け」。普段オクラは一度茹でて食べることが多いのだが、試しに生のままで浅漬けにしてみたもの。歯ごたえが楽しく、いい感じである。

おくら浅漬け

「みそたまご」。冷蔵庫の奥で寝かされていた東京土産である。

みそたまご

「茹でイカ下足」。以前に買って冷凍しておいたもの。

いかゲソ


「大辛口 特別本醸造 須崎」、ついつい最後まで飲み干してしまった。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/12(Sun)

細切りうどん (m's factory:高知市神田)

以前から気になっていた高知市神田にあるm's factoryさんを訪問。

開店直後だったので一番乗りで注文。持ち帰り弁当や各種定食がある中から選んでみたのは「細切りうどん」350円。

通常はうどんの上に煮玉子がのっているそうであるが、あいにく時間が悪かったのか煮玉子がなく、ちくわ天か温泉卵のどちらかになると言われたので、今回は温泉卵を選択。

きざみ細うどん

この「細切りうどん」、名前の通り細いうどんの上に、きざまれたお揚げとセイソウ、刻み葱がのっている。また、ダシにはごま油が入っていて少し中華風に感じる冷やしうどんであるが、具との相性がよく、また温泉卵ともマッチしていて美味しくいただくことができた。

きざみ細うどん


さらに、写真を撮り忘れていたのだが、テーブルの上には(多分)うどんを揚げたものが置かれていて、これがなんとなく後を引く味わい。つい、うどんを食べた後もポリポリと食べながらゆっくりしてしまった。

m's factoryさんの場所はこちら。一番乗りだったのでお店の前に駐車できたが、別に駐車場があるのかどうかは不明…。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/11(Sat)

ミックスサンドウィッチ (ショップたけざき:高知県須崎市)

先日須崎市のショップたけざきさんを訪れた際に、玉子焼きと一緒に購入しておいたのが「ミックスサンドウィッチ」300円。

玉子サンドとハムサンドが全部で6切れ入っている。

ミックスサンドウィッチ


とてもシンプルなサンドウィッチであるが、玉子焼き同様優しい味わいである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:パン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/10(Fri)

加茂川 (石鎚酒造:愛媛県西条市) 2

愛媛県は西条市氷見丙にある石鎚酒造さんが醸された日本酒「袋吊り無濾過 純米吟醸 加茂川」の開栓後の変化を楽しんだ。

開栓直後よりもやわらかくなっているように感じる。

加茂川

合わせたのは「鰹たたき」。これは須崎市にある青木鮮魚店さんで購入したもの。350円。こちらのページで紹介されているように、たたきは香ばしく、タレがとても美味しい。添えられていたわさびとの相性が思ったよりも良く、少し驚かされた。

鰹タタキ

「土佐ジロー玉子焼き」。これは須崎に行ったついでに立ち寄ったショップたけざきさんにて、たまたま見かけたので買ってみたもの。300円。心なしか、通常のものよりもしっかりとした食感をしているように思う。

土佐ジロー玉子焼き

「茹でいか下足」。こちらも青木鮮魚店さんで購入したもので、結構沢山入って150円。ホタルイカのように目がついていたので、それを取ってから辛子マヨネーズでいただいた。

いかゲソ


「純米吟醸 加茂川」を飲み終えた。高知には愛媛のお酒を置いているところはあまりないと思うので、また用事を見つけて手に入れに行かなければ…。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/09(Thu)

四万十ポークバーガー (ゆういんぐ四万十)

高知県は高岡郡四万十町を訪れた際に立ち寄ったゆういんぐ四万十さんにていただいてみたのが「四万十ポークバーガー」(280円)。その場でパンや中身を温めて造ってもらえる。

四万十ポークバーガー

袋を開けるとこんな感じであったが、

窪川ポークバーガー

ハンバーグを前に持ってきてみると、思っていたよりもボリュームがある。レタスとトマト入り。

窪川ポークバーガー

厚さのせいであろうか、ハンバーグの食感がとても良く、美味しい。一口でかぶりつけるサイズではないのと、味付けに使われているソースがやわらかいタイプなので、食べる時に少しだけ気を使うが、周りの目を気にせずに豪快にいただくのが一番美味しい食べ方のような気がする。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:パン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/08(Wed)

加茂川 (石鎚酒造:愛媛県西条市)

愛媛県は西条市氷見丙にある石鎚酒造さんが醸された日本酒「袋吊り無濾過 純米吟醸 加茂川」をいただいた。

これは西条市大町にある酒屋サタケさんにて購入したもの。こちらのお店のオリジナル商品とのこと。720mlで1571円。

加茂川

徳島産の山田錦が使用されている。

加茂川

手間のかかった贅沢な造りがされているようだ。

加茂川

いただいてみると、ほどよい酸味がありスイッと喉を通っていく。

加茂川

合わせたのは「たこぶつ」。瀬戸内産のもの。

たこぶつ

「キュウリ漬物」。

胡瓜漬物

「串カツ」。

串カツ

「いんげん豆お浸し」。

インゲンお浸し


「純米吟醸 加茂川」、ゆっくり楽しんでいきたい。



ここしばらくどうも冷えが悪いなと思っていた冷蔵庫がついに冷えなくなってしまった。症状は冷凍庫は問題なく冷えているが、冷蔵部分が冷えないというものだったので、中身を外に出して、電源を抜き、一晩放置したところ、見事復活。10年以上使っているものなのでそろそろ替え時なのかもしれないが、この夏ぐらいはなんとか持ってほしいものである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/07(Tue)

キリン 一番搾り

キリンビールさんが醸造されている「一番搾り」が麦芽100%になってしばらくになるが、なかなか飲む機会がなく、今頃になってようやくいただくことができた。

なんとなくであるが、以前のものよりもグッとくるコクのようなものを感じる。

一番搾り

あわせたのは「枝豆」。生の枝豆を自分で塩茹でにしたものであるが、豆の風味が良くおいしい。

枝豆

「にら玉」。

ニラ玉


これからの季節、ビールと枝豆の組み合わせはまた格別である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/06(Mon)

鬼板 (三谷鬼板本舗:愛媛県西条市)

少し前に西条市を訪れた際、スーパーに立ち寄って見つけたのが「鬼板」という名前のせんべい。398円。

西条市にある三谷鬼板本舗さんが造られているものである。

鬼板

袋の裏に書かれていた宣伝文句がなかなか面白い。

「若き貴方も老ひ人も 空手チョップの音高く 先づは召しませ試しませ 人呼び招く風味薫り 霊峰石鎚伊予の国」

鬼板

「その名も高き土産品 拡がる名声遠くまで 伊予の名物鬼板せんべい 御愛顧あって末永く 御吹聴こそ願はしき    店主敬白」

鬼板

中身はこちら。

鬼板


いただいてみて、宣伝文句の「空手チョップ」に納得。堅いので、チョップで割って食べると食べやすい。

味の方は青のりと生姜に胡麻の風味が加わって、シンプルな食材ながらもそれぞれがそれぞれを引き立てあい、面白くもあり、美味しいせんべいである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/05(Sun)

司牡丹 山廃純米生 (司牡丹酒造:高知県高岡郡佐川町) 2

高知県は高岡郡佐川町にある司牡丹酒造さんが醸された日本酒「司牡丹 山廃純米 生酒」の開栓後の変化を楽しんだ。

開栓直後よりも幾分落ち着きをみせてきており、苦みは感じなくなったものの、独特の酸味の心地よさは相変わらずである。

司牡丹山廃純米生

あわせたのは「鰹のタタキ」。山廃のガツンとしたお酒にあわせるならばと思い選んだのが、高知県産の生鰹をタタキにしたこちら。やはり、抜群の組み合わせである。

かつおタタキ

「生ゆば入りとうふ」。愛媛県松山市にある八木食品さんが造られたもので、柔らかい豆腐の中のところどころに入っている「ゆば」の食感がよい。

ゆばとうふ

「キュウリ浅漬」。

胡瓜浅漬け

「カニもやし」。茹でたもやしの上に、カニの身をのせただけのものである。

カニもやし


「司牡丹 山廃純米 生酒」を飲み終えた。現時点でも十分に美味しいが、じっくり寝かせると化けそうな予感がする日本酒である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/04(Sat)

ゆできび

伊野町にあるスーパーを訪れた際、店頭で茹でたてのきび(とうもろこし)を売っていたので、思わず購入。

伊野町の枝川近辺は道路沿いで茹できびが売られている有名処であり、その枝川産のきびを茹で、生産者ごとに分けて販売していた。

ゆできび


一口かじってみると、みずみずしく、とても甘く感じる。昔食べた茹できびの印象とは異なり、柔らかで、まるで果物かと思うほどの甘さであるが、茹でたてのものは間違いなく美味しい。

つい、芯にかじりついて、そこに含まれている汁をチューチュー吸ってしまった…。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/03(Fri)

伊予富士(標高1756メートル)~東黒森登山(標高1735メートル)

6月半ばの話になるが、梅雨の晴れ間を狙って石鎚山系の伊予富士~東黒森を縦走してみた。

石鎚山周辺には行ってみたい山がたくさんあり、手始めに気楽に登ることができそうなところを調べてみたところ、この2つを選ぶことに。

朝早く出発する予定であったが、少し寝過して高知市内を出発したのが午前8時半。出発が遅くなったのがよかったのか、いの町吾北地区の国道194号線沿いにある「道の駅 633美の里」が開店していたので、山頂にて摂取予定の昼食を仕入れることに。さらに北上して、「道の駅 木の香」にてトイレ休憩。

その後、新寒風山トンネルの手前から右側に折れて、旧寒風山トンネルへと向かう。舗装されているがグネグネとした道を進み、旧寒風山トンネル手前を左折し、瓶が森林道に突入。そこからさらにしばらく進み、10時40分ごろ、伊予富士登山口に到着。道端に何台か駐車されていたのですぐに気づくことができた。

これは駐車した場所から尾根筋沿いにある登山道を見上げたところ。

伊予富士~東黒森

林道の曲がり角付近に見えている梯子が登山口の目印。

伊予富士~東黒森

10時54分、登山を開始。

梯子を登り、すぐ右に折れ、伊予富士と書かれた案内通り進むと沢があり(最初の梯子のすぐ左前方に位置する)、それを渡って、木の下をくぐるなどしながら進んでいく。

伊予富士~東黒森

するとそれほど歩かないうちに視界が開けてくる。前方に見えているのは東黒森。

伊予富士~東黒森

振り向くと伊予富士が見えている。

伊予富士~東黒森

踏みしめられた笹道に沿って登ってゆく。

伊予富士~東黒森

登山開始から約20分後の11時12分に伊予富士と東黒森の分岐点に到着。

伊予富士~東黒森

右に向かうと伊予富士方向。

伊予富士~東黒森

左が東黒森方向。

伊予富士~東黒森

分岐点から南を見たところ。

伊予富士~東黒森

少し休んで、最初に伊予富士山頂を目指す。尾根の南側を歩く、心地良い道。

伊予富士~東黒森

眼下には林道が見えている。

伊予富士~東黒森

ところどころで休みつつ、景色を楽しみながら、11時37分に伊予富士山頂に到着。5名ほどの人が山頂からの景色を楽しんでいた。

伊予富士~東黒森

伊予富士山頂から東黒森方面を眺める。尾根沿いに歩いてきた道が見えている。

伊予富士~東黒森

伊予富士には東側の桑瀬峠方面から登るルートがあり、

伊予富士~東黒森

そちらをのぞいたところ。楽しそうなコースであるが、山頂直下からの登りがきついようだ。

伊予富士~東黒森

伊予富士山頂でいただいたのは633美の里で購入した「饅頭」。4つ入って250円。

伊予富士~東黒森

よもぎの風味が効いていて美味しい。

伊予富士~東黒森

少し休んで、11時54分には伊予富士山頂を離れ、東黒森へと来た道を引き返す。12時15分に分岐点に到着し、そこから一気に東黒森へ向かうと12時30分、山頂に到着。

伊予富士~東黒森


少し曇ってきていたので、写真だけを撮って下山開始。登山口には13時に到着。

計2時間強の登山であった。

6月も半ばになると気温が上がってくるので、山頂付近には虫が少し発生していたが、それを除けばとても快適な登山コースである。ただし、笹道を歩くときには道を踏み外さないようにしないと危険なので、その点には十分注意しないといけない。

さらに奥の山々にも登ってみたいものである。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/07/02(Thu)

司牡丹 山廃純米生 (司牡丹酒造:高知県高岡郡佐川町)

高知県は高岡郡佐川町にある司牡丹酒造さんが醸された日本酒「司牡丹 山廃純米 生酒」をいただいた。

これは高知市にある鬼田酒店さんにて購入したもの。720mlで1600円。通常、生では出荷されない限定商品とのこと。

司牡丹山廃純米生


司牡丹山廃純米生


司牡丹山廃純米生

いただいてみると、非常に特徴的な酸味と後口に少しの苦みを感じる。山廃らしい味わいかと言われると、北陸地方の山廃とはまた異なったものという印象を受けるが、面白いお酒である。

司牡丹山廃純米生

あわせたのは「てんぷら」。西条市にある佐々木蒲鉾店さんのもので、味わい深い。

天ぷら(佐々木蒲鉾店)

「キュウリ浅漬け」。

胡瓜浅漬け

「ニラ玉」。

ニラ玉

「オクラお浸し」。

オクラお浸し

「たこブツ」。

たこぶつ


今回いただいた「司牡丹 山廃純米 生酒」を火入れするとおそらく「かまわぬ」になるのではないかと思うが、この生酒も楽しいお酒であり、山廃のいろんな可能性を感じさせてくれる。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top