FC2ブログ
  • プロフィール

    オヤびん

    Author:オヤびん
    高知県高知市在住

  • FC2カウンター

  • ブログ内検索


2010/06/30(Wed)

壮一郎の流儀 (首藤酒造:愛媛県西条市) 2

愛媛県は西条市にある首藤酒造さんが醸された日本酒「壮一郎の流儀」の開栓後の変化を楽しんだ。

開栓直後に比べ落ち着いている。香りも華やかであるが、多くの味を秘めているお酒である。

壮一郎の酒

あわせたのは「土佐はちきん地鶏タタキ」。はちきん地鶏は高知県土佐郡大川村で飼育されている鶏で、それをタタキにして少し塩コショウなどで味付けしたもの。初めていただいたが、旨みが濃くとても美味しい。

はちきん地鶏タタキ

「小松菜とお揚げの煮物」。

小松菜揚げ煮

「コーンポテトサラダ」。

ポテトコーンサラダ


「壮一郎の流儀」を飲み終えた。酒乃さわださんによると、こちらのお蔵でも若い方がお酒造りをされているようで、今後が楽しみである。
スポンサーサイト
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/29(Tue)

壮一郎の流儀 (首藤酒造:愛媛県西条市)

愛媛県は西条市にある首藤酒造さんが醸された日本酒「壮一郎の流儀」をいただいた。

これは大洲市にある酒乃さわださんにて、購入しておいたもの。720mlで1400円。

壮一郎の酒

純米無濾過生原酒の中汲み。

壮一郎の酒

首藤酒造さんの主銘柄は寿喜心。

壮一郎の酒


壮一郎の酒

”しずくひめ”という近年開発されたお米が使われている。

壮一郎の酒

いただいてみると、香りがとても華やかでまるで吟醸。温かくなると味が多くなってきて、少し苦味のようなものを感じる。どちらかというと冷たい状態でいただくのがよさそうである。

壮一郎の酒

あわせたのは「シイラ刺身」。このシイラは高知県の室戸産。

シイラ刺身

これをにんにくぬたでいただくと、なんとも美味しい。

シイラ刺身

「豆煮物」。

豆煮

「湯豆腐」。

湯豆腐


「壮一郎の流儀」、開栓後どのように変化するか楽しみである。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/28(Mon)

とんこつ風肱川らーめん

以前大洲市を訪れた際に立ち寄った道の駅あさもやさんで、「とんこつ風肱川らーめん」を購入しておいた。

同じ大洲市にあるひじかわ特産開発公社さんが製造されているもので、290円。

肱川ラーメン

調理してみたのがこちら。残っていたほうれん草を少しだがトッピング。味のある細麺ととんこつの風味が合わさってなかなか美味しい。

肱川ラーメン


四国には御当地ラーメンといったものがあまりないような気がするので、そういった意味でも頑張っていただきたいものである。


追記:記事投稿後、徳島ラーメンの存在を思い出した…。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/27(Sun)

豚蒲重 (豚蒲焼き専門店 かばくろ:岡山市)

岡山からの帰路、以前テレビで見て行ってみたいと思っていたお店に立ち寄った。

向かった先は岡山市にある「豚蒲焼き専門店 かばくろ」さん。午後3時ぐらいだったと思うが、雨の中行列ができており、お店の前にある駐車場に車を置けない人が多数出るほどの人気。

かばくろ

辛抱強く待ち、いただいたのは「豚蒲重」(500円)。テレビで見たとおり、パッと見うなぎの蒲焼で、香りもかなり近いように感じる。いただいてみると、最初こそ周りの焦げた感じが少し気になるが、豚の脂が落とされているのか見た目よりもあっさりとした感じ。このくどく感じさせないのが重要なようで、食べ進んでも最後まで飽きずにいただくことができる。

かばくろ

とても面白い一品なので、もし近くにあれば通ってしまうかもしれない。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/26(Sat)

中島ブロイラー (岡山県久米郡久米南町)

津山市→美咲町と移動し、下道を岡山市方面向けて進んでいると、岡山では結構有名(らしい)な中島ブロイラーさんがあったので立ち寄ってみることに。

中島ブロイラー

いろんな商品が安くて、周りを見ていると大量に購入していく人が多い中、日持ちする真空パックのものとすぐに食べられる「串焼き」を購入。1本60円。

中島ブロイラー

購入する際にすぐ食べることを伝えると、保温庫から温かいものを渡してもらえる。結構シンプルな塩味であるが濃い目の味付けで、温かいものよりも冷めてからいただくのにむいているかもしれない、と思ってしまった。

中島ブロイラー


お店と道を挟んだ反対側にある駐車場でいただいたのだが、続々とお客さんがやってきており、人気店であることが窺えた。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/25(Fri)

食堂かめっち。 (岡山県久米郡美咲町)

津山市から岡山市に向かう途中、たまごかけごはんのお店があるということで立ち寄ったのが、久米郡美咲町にある「食堂かめっち。」さん。中央総合運動公園内にあり、訪れたのは午後2時ぐらいであったが結構な人が並んでいた。

かめっち

少々待った後、店内で注文したのは「黄福定食」(300円)。ご飯、味噌汁、生卵、漬物が付き、ご飯と卵はおかわり自由。

味付け用のオリジナルタレは、「のり」・「ねぎ」・「しそ」の3種類。

かめっち

お店の壁に貼られていたおいしい食べ方を参考に、早速卵を溶き、のりタレを少し入れ、ご飯にかけていただく。

美味しい。

タレは風味が卵にあっており、ご飯もまたたまごごはんに丁度の炊き具合。

かめっち


全てのタレを味わいたくて、ついご飯を3杯、卵を4個いただいてしまった。どのタレもたまごごはんとの相性がとてもよい。

たまごごはん、シンプルであるが奥が深いものである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/24(Thu)

道の駅 久米の里 (岡山県津山市)

せっかく津山までやってきたのだから、美味しいものがないかと思い立ち寄ったのが道の駅 久米の里」。

なにやら大きなものがあるので見に行ってみるとこんなものが。

”Zガンダム”である。

久米の里

もう少し近づくと、こんな感じ。

久米の里

足元には「地球と地域を衛る基地」の文字が。

久米の里

かたわらには機体の説明と

久米の里

感謝状。

久米の里

機体の後ろ部分。

久米の里

最後に斜め前から見たところ。

久米の里


津山市の道の駅にガンダム…、ユニークな街である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/23(Wed)

ホルモンうどん (橋野食堂:岡山県津山市)

所用で岡山に行くことになったので、どうせなら珍しいものを食べようと思い、高知を朝早く出発。

向かった先は津山市。高速道路を使えば、ノンストップで3時間程度であろうか。

予定より早く着いてしまったので津山城址を散策し、その後目的のお店へ。

向かったのはこちらの橋野食堂。津山ホルモンうどんで有名なお店である。

橋野食堂

看板がいい雰囲気を醸し出している。到着したのは午前10時過ぎであったが、店内はほぼ満席と結構な人気。

橋野食堂

店内の壁に貼られていたメニューがこちら。一杯やりながらホルモンをいただきたくなってくる。

橋野食堂

しかしながら、目的はあくまで「ホルモンうどん」。後のことを考えて、1玉を注文。

橋野食堂

団体さんがいたので、少し待った後出てきたのがこちら。

橋野食堂

大きく分厚いホルモンが食欲をそそる。ホルモンをいただいてみると、しっかりとした歯応えながらも、脂がとろけるような感じで、とても美味しい。上質のホルモンが使われているようだ。うどんの方は柔らかめであまり主張しないが、その分ホルモンが引きたてられている。味付けは少しピリ辛で後を引く。

橋野食堂


橋野食堂で調理をされている方は一見話しづらそうだが、出てくるのが少し遅くなることをテーブルまで伝えに来てもらうなど、丁寧に対応していただいた。


お店を後にした後、津山市内のスーパーを見に行ったのだが、とてもきれいなホルモンが大量に売られていて、ホルモン好きにはたまらない光景であった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/22(Tue)

Relax (サントリー)

サントリーさんが製造されている第3のビール「Relax」をいただいた。

リラックス

糖質ゼロであるが、アルコール分は5%あり、香りがとてもビールらしい。

リラックス

あわせたのは「魚醤入り玉子焼き」。付け合わせはブロッコリー。

玉子焼き

「青のり入り天ぷら」。

青のり天ぷら

「ギザギザポテト」。カルビーさんの製品で、いただいたのは”あじわい焼きしお味”。

ポテチ


糖質ゼロでも、アルコール分のしっかりしたビール飲料が出てくるのはうれしいものである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/21(Mon)

あさごぼう (大安:京都市)

朝ご飯のとき、少し目先の変わったものが欲しくなり、京都市にある京つけものの大安さんが造られている「あさごぼう」をいただいた。京都駅伊勢丹さんにて購入したもので、577円。

ごぼう漬物

こちらが中身。

ごぼう漬物

ごぼうの醤油漬けであるが、ごぼうが持つ独特の香りを壊すことなく歯応えも楽しめる一品になっている。ほんの少しピリッとした感じがあり、ご飯がすすむ。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/20(Sun)

大正の鶴 特別純米 新酒しぼりたて無濾過生原酒 (落酒造場:岡山県真庭市)

岡山県は真庭市にある落酒造場さんが醸された日本酒「大正の鶴 特別純米 備前朝日 新酒しぼりたて無濾過生原酒」をいただいた。

これは3月に岡山を訪れた際、岡山市にある地酒専門店さかばやしにて購入しておいたもの。720mlで1365円。

大正の鶴

お店を訪れた際に季節もの(生酒)がこの商品しかなかったので選択。

大正の鶴

酒米には朝日米が使われている。

大正の鶴

いただいてみると、以前の飲んだときの印象よりも味が濃いように感じる。以前のは火入れで、今回のは生原酒だからであろうか。濃いとは言っても、重いわけではなく軽い口当たり。

大正の鶴

合わせたのは「焼きままかりの酢漬け」。岡山市にある瀬戸内物産さんが製造されているもので、90g入り420円。表町にあるサンさん岡山さんにて購入。

ままかり

焼いているので香ばしく、調味酢に入っている椎茸が良い味を出している。

ままかり

「スナップエンドウ」。

スナップエンドウ

「山菜漬物」。大洲の愛たい菜さんにて購入しておいたもの。200円。

山菜漬物

「ハンバーグと海老フライ」。

ハンバーグ海老フライ


「大正の鶴 特別純米 備前朝日 新酒しぼりたて無濾過生原酒」を飲みきった。若手の杜氏さんが造られているお酒ということであるが、今後を期待したい蔵元さんである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/19(Sat)

お弁当 (枡屋:高知市)

高知市にあるさとの寿し 枡屋さんの「お弁当」をいただいた。

今回は弘化台店さんにて購入。500円。

弁当(枡屋)

おかず部分をアップ。

弁当(枡屋)

中身は「ハンバーグ」。

弁当(枡屋)

「鶏唐揚げ」。

弁当(枡屋)

「おから煮物」。

弁当(枡屋)

「玉子焼き」。

弁当(枡屋)

「春雨サラダ」。

弁当(枡屋)

「香の物」。

弁当(枡屋)

「紫蘇昆布」。

弁当(枡屋)


少し濃いめの味付けであるが、食べ応えがあって満足。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:弁当 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/18(Fri)

しぼり豆 丹波 黒大寿 (宝泉堂:京都市)

京都市にある宝泉堂さんが造られている和菓子「しぼり豆 丹波 黒大寿」をいただいた。

これは以前JR新幹線京都駅店にて購入しておいたもので、100g 630円。

黒大豆菓子

こちらが中身。購入してから少し時間が経っているので、もしかすると本来の姿ではないかもしれないが、上品な甘みよく、日本茶をいただきたくなってくる。

黒大豆菓子


たまに良い和菓子をいただくのは、気分が一新されてよいものである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/17(Thu)

絹の贅沢 (サントリー)

サントリーさんが製造されている第3のビール「絹の贅沢」をいただいた。

絹

商品名からは濃い味わいを想像していたが、思っていたよりもあっさりとしている。

絹

あわせたのは「厚揚げ」。オーブントースターで表面を焼いて。

厚揚げ

「たけのこ煮物」。

たけのこ煮


「絹の贅沢」、発売から結構時間が経っているがなんとかいただくことができた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/16(Wed)

田舎寿司 (末広ショッピングセンター:高知県土佐郡土佐町)

高知県土佐郡土佐町にある末広ショッピングセンターさんで造られた「田舎寿司」をいただいた。380円。


田舎寿司

「たけのこ巻き」。

田舎寿司

「こんにゃく」。

田舎寿司

「海苔巻き」。

田舎寿司


非常にシンプルで、あっさりとしている。おかずと一緒に食べるのに向いているかもしれない。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:田舎寿司 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/15(Tue)

初雪盃 本醸造原酒生酒 (協和酒造株式会社:愛媛県伊予郡砥部町)

愛媛県は伊予郡砥部町にある協和酒造さんが醸された日本酒「初雪盃 本醸造原酒生」をいただいた。

このお酒は大洲市を訪れたとき、酒乃さわださんの新店舗にて購入したもの。720mlで1300円。若い意欲的な方が造っているお酒だそうで、熱心に勧めていただいた。

初雪盃

酒米には松山三井が使われている。

初雪盃


初雪盃

いただいてみると、本醸造ではあるがとてもきれいなお酒で、最初こそ後口にアルコールの辛さのようなものを感じたが、すぐにわからなくなり、とても美味しい。冷やして飲むとよい感じである。お店の方はピュアなお酒と表現されていたが、クリアな感じとも言えるだろうか。

初雪盃

あわせたのは「おから煮」。

惣菜

「こんにゃく白和え」。

惣菜

「マカロニサラダ」。

惣菜

「大根酢のもの」。

惣菜

「ごぼう玉子とじ」。

ごぼうたまご

「じゃこ天」。大洲市の愛たい菜さんで購入しておいたもので3枚入り300円。大洲市長浜町にあるじゃこてんや下坂さんが製造されており、食べ応えがあって美味しい。


じゃこ天

「チーズDeおつまみ」ブルボンさんが製造されているお菓子。

チーズ菓子

チーズにくるまれた柿の種が面白い。

チーズ菓子


「初雪盃 本醸造原酒生酒」、味がありながらもスイスイと喉を通るお酒で、一気に最後まで飲みきってしまった。


大洲市で酒乃さわださんに伺う際のこと、ホームページの住所に従って向かったがあいにくの定休日。しかし、たまたま通りかかったお店の方に声をかけてみたところ、お店の中に入れていただき、さらに日本酒について話を聞いてみると少し離れたところに新しくできたお店に行けばもっと種類があることを教えていただき、そちらの店舗に伺うことに。よいお酒を紹介いただいた。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/14(Mon)

ゆずごこち(さめうらフーズ)といも天

嶺北地方を訪れた際、しばしば立ち寄る末広ショッピングセンターをウロウロ。

飲み物売り場で見かけたのがこちらの「ゆずごこち」(138円)。高知県長岡郡本山町にあるさめうらフーズさんが製造されているもの。

ゆずドリンク

原材料は非常にシンプルで、品名の通りゆずが香り高く心地よい。

ゆずドリンク

小腹がすいていたので、一緒に購入した「いも天」(75円)もいただいた。

いも天


最近はゆずドリンクもいろんな種類があり、それぞれに特色があるようだ。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/13(Sun)

陣ヶ森 (高知県吾川郡吾北村)

5月の連休直後のことであるが、高知県吾川郡吾北村にある「陣ヶ森」登山に向かった。

山の登るのは本当に久しぶり。

国道194号線から国道439号線にうつり、土佐町方面に向かい、郷ノ峰トンネルを抜けたところにから北方に山道を登っていく。(トンネル手前からも行けるようだが、道路入り口付近の路面が悪かったのでトンネルを超えたところから向かうことに。)

結構道が狭いが気にせずどんどん進むと分岐が。ここを左に向かい、道路が途切れるところまで進めば登山口に到着。

陣ヶ森

トイレあり。

陣ヶ森

まずは道の駅633美の里で購入した「ゆずドリンク」で喉を潤す。吾川郡いの町下八川にある高知アイスさんが造られているもので200円。

ゆずドリンク

さわやかで、飲みやすい入れ物。

ゆずドリンク

登山口の案内図で大まかなところを把握し、登山を開始。

陣ヶ森

しょっぱなの登りが結構きつい。

陣ヶ森

が、放牧場を眺めながらゆっくり登って、15分程で標高1013.3の陣ヶ森山頂に到着。

陣ヶ森

山頂付近からの眺め。

陣ヶ森

山頂には休憩所があるが、そこでは休まず尾根道を進む。

陣ヶ森


陣ヶ森

高知市街方面。

陣ヶ森

ズンズン進んで、丸山広場に到着。

陣ヶ森


陣ヶ森

広場から見える山を眺めながら

陣ヶ森

ベンチで休憩。正面に見えているのが国見山。

陣ヶ森

休憩しながらいただいたのは、道の駅で購入しておいた「田舎寿司」。200円。素朴だがしっかりと味がついていて美味しい。

陣ヶ森

休憩の後、景色を眺めながら、さらに西へ向かう。

陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森

この辺りから、有名なあせびの群生地であろうか。

陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森

尾根道西の分岐点に到着。

陣ヶ森

さらに端っこ、島ヶ峰を目指す。

陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森

島ヶ峰の鉄塔の向こうには石鎚山系が。

陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森


陣ヶ森

反対側からみたあせびの群生。

陣ヶ森


帰りは黙々と歩いて、駐車場に到着。

結構な距離を歩いたが、行き2時間、帰り1時間半ほどのハイキングであった。

最初の登りは少しきついが、それ以外はあまりアップダウンのない道で快適な登山道であった。久しぶりであったが、よい汗をかけて満足。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2010/06/12(Sat)

安芸虎 純米酒しぼりたて 槽搾り無濾過生酒 (有光酒造場:高知県安芸市赤野) 2

高知県は安芸市赤野にある有光酒造さんが醸された日本酒「安芸虎 純米酒しぼりたて 槽搾り無濾過生酒」の開栓後の変化を楽しんだ。

開栓直後とは印象が異なり、甘味が控えめに、そして大人しくなったように感じる。

安芸虎(純米しぼりたて)

あわせたのは「漁港のがんも」。これは高知県安芸郡田野町にある田野うまいもん舎さんが製造されたもので、260円。

魚つくね

豆腐、鯵、イカ、枝豆、ひじきなどから作られており、温めてポン酢でいただいた。

魚つくね

「胡瓜辛子漬け」。大洲市の愛たい菜さんで購入しておいたもので、少し甘めの味付けであるがやわらかい辛子の風味が良い感じである。

胡瓜からし漬け

「ぜんまいと厚揚げの炒め煮」。シンプルであるが、とても良い組み合わせのように思う。

ぜんまい炒め


「安芸虎 純米酒しぼりたて 槽搾り無濾過生酒」を飲み終えた。今年の造りで、しぼりたて以外のものも楽しんでいきたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/11(Fri)

芋けんぴ (中野製菓:香川県さぬき市)

香川県さぬき市にある中野製菓が製造された「芋けんぴ」をいただいた。

近所のスーパで見つけたもので、一袋198円。

芋けんぴ

グラニュー糖を使っているからであろうか、表面がピカピカで甘味が強いのだが、口当たりはカリカリとしている。

芋けんぴ


基本的には芋の素朴な甘さを活かしたものが好みであるが、カリカリとした歯応えも捨てがたいものがある。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:芋けんぴ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/10(Thu)

八幡浜ちゃんぽん (愛麺株式会社:松山市)

先日愛媛県大洲市に行った際、地元のスーパーにて松山市にある愛麺株式会社さんが製造されている「八幡浜ちゃんぽん」を見つけたので購入しておいた。

それを利用して作ったのがこちら。ありあわせの魚肉ソーセージ、シーフードミックス、キャベツを利用。もともとあっさりとした作りになっているのに加え、使った具が具なので、全体的にあっさりとした仕上がりに。

八幡浜ちゃんぽん


後日、冷凍しておいた嶺北牛とキャベツを利用して再度作ってみたのだが、その方がスープにコクが加わってよい感じであった。

一度お店で八幡浜ちゃんぽんをいただいてみなければと思っている。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/09(Wed)

安芸虎 純米酒しぼりたて 槽搾り無濾過生酒 (有光酒造場:高知県安芸市赤野)

高知県は安芸市赤野にある有光酒造さんが醸された日本酒「安芸虎 純米酒しぼりたて 槽搾り無濾過生酒」をいただいた。

これは安芸郡芸斎村にある響屋さんにて購入してもの。720mlで1300円。

安芸虎(純米しぼりたて)


安芸虎(純米しぼりたて)

酒米には風鳴子が使われている。

安芸虎(純米しぼりたて)


安芸虎(純米しぼりたて)

いただいてみると、酒名にあるしぼりたてとは異なり落ち着いた味わい。濃く少し甘味の強い感じは、あまり高知のお酒らしさを感じさせないがキレはよい。

安芸虎(純米しぼりたて)

あわせたのは「豚テキ」。室戸市羽根町産の豚肉をガーリックソルトで。

豚テキ

付け合わせは「にんじん」。さっと茹でた葉っぱとともに。

野菜

「たけのこ煮物」。

たけのこ煮


「安芸虎 純米酒しぼりたて 槽搾り無濾過生酒」、開栓後の変化も楽しんでみたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/08(Tue)

宗玄 純米石川門 無濾過生原酒 (宗玄酒造:石川県珠洲市)

石川県は能登半島の先っぽ珠洲市にある宗玄酒造さんが醸された日本酒「宗玄 純米石川門 無濾過生原酒」をいただいた。

これは金沢市にある酒千庵水上さんに相談し、迷いに迷って決めたもので720ml 1313円。


宗玄(石川門)

迷いの種はこちらにかかれている「石川門」という酒米。新しく開発された酒米ということで、これを使った日本酒をどうしてもいただいてみたくなり、どの蔵元さんのものにするか迷った末に宗玄さんのものに。

宗玄(石川門)

65%精米。

宗玄(石川門)


宗玄(石川門)


宗玄(石川門)

いただいてみると、濃く芳醇な味わいで口の中に含むとブワッと広がる複雑な味。しかし、非常にまとまりがあって何にでも合わせやすい。ゆっくりいただいたので、冷やした状態から常温までいろんな温度を試すことができたが、ぶれることなくどの温度帯でもよい感じである。

宗玄(石川門)

あわせたのは「チャーシュー」。付け合わせは人参とブロッコリー。

チャーシュー

「めひかり干物」。今回初めて”めひかり”をテフロンのフライパンで焼いてみたのだが、手軽に焼くことができてよいかもしれない。

めひかり

「たけのこ煮物」。

筍煮

「じゃこ天」。愛媛県西予市宇和町にある伊予蒲鉾さんが造られたもの。じゃこの味が濃い。

じゃこ天


「宗玄 純米石川門 無濾過生原酒」、とてもよいお酒で一気に最後まで空けてしまった。

水上さんに伺ったところでは、坂口杜氏が宗玄酒造さんに戻られたらしく、うれしいことに石川県で今後気にしなければならないお蔵が増えてしまったようである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:北陸 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/07(Mon)

土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦 無濾過生酒 (仙頭酒造場:高知県安芸郡芸西村)

高知県は安芸郡芸西村にある仙頭酒造場さんが醸された日本酒「土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦 無濾過生酒」をいただいた。

高知市にある鬼田酒店さんにて購入したもので、720ml 1680円。

土佐しらぎく

精米歩合が50%なので大吟醸クラスの磨き方である。

土佐しらぎく


土佐しらぎく


土佐しらぎく

いただいてみると、含み香とボリュームがものすごくあり、大吟醸と言われても納得してしまう味わいである。非常に多くの味を感じるがまとまっている。微発泡なのでとても飲みやすく、美味しい。

土佐しらぎく

あわせたのは「鶏唐揚げ」。付け合わせは人参とブロッコリー。大洲産のもの。

鶏唐揚げ

「ぜんまいとお揚げの炒め煮」。ぜんまい独特の風味と歯応えがいい感じである。

ぜんまい炒め

「冷奴」。内子の大豆を使って作られたもの。

冷奴


「土佐しらぎく 純米吟醸 山田錦 無濾過生酒」、口当たりがよくてつい最後まで飲みきってしまった。多くの人に勧められそうな日本酒である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/06(Sun)

じゃこカツ・おにぎりサンド (愛たい菜・あさもや市:愛媛県大洲市)

愛媛県大洲市を訪れたので、いくつかの産直市場をウロウロしてみた。

こちらは今年4月にオープンしたばかりの愛たい菜さんにて購入した「じゃこカツ」。大洲市にあるシロモト食品さんが市場にて揚げていたもの。120円。

じゃこかつ

いただいてみると想像していたよりも柔らかく、野菜の味わいが前に出てきている印象。

じゃこカツ

こちらは市場内購入した「おにぎりサンド 焼肉」。140円。

焼肉巻き

中身はこちら。崩れやすく少し食べづらいが、ごぼう風味がよい感じである。

焼肉巻き

愛たい菜を出て、ドライブがてら大洲城方面へ。

大洲


大洲


大洲


大洲

大洲城近くの大洲まちの駅あさもやさんでも「じゃこカツ」(120円)をいただく。

じゃこかつ

こちらもシロモト食品さんのものかもしれない。

じゃこかつ


「愛たい菜」さんはとても広く、商品が豊富に揃えられており、見ていて楽しい市場であった。

「まちの駅あさもや」さんも周りに川、城、古い町並みなどがあって、ちょっと散策するのによいところである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/05(Sat)

おこわいなり (うたたね農園:愛媛県喜多郡内子町)

愛媛県喜多郡内子町のうたたね農園さんがつくられている「おこわいなり」をいただいた。

これは内子町にある道の駅内子フレッシュパークからりを訪れた際に購入したもの。330円。

このように中身がよく見えるよう、通常とは反対向いている。

おこわいなり

「炊き込みご飯」。

おこわいなり

「赤飯」。

おこわいなり

「たけのことふき」。

おこわいなり

いただいてみると、お揚げに程よく味がついており、上品な甘さがよい感じでとても美味しい。またもち米なので歯応えが独特でおもしろい。原材料をみると地元の食材を使い、調味料も本みりんを使うなどこだわりが感じられる。

内子町まで高知市から国道33号線を使って2時間半ぐらいであっただろうか。道の駅にはいろんなものがあってなかなか面白い。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/04(Fri)

天恩酒 温羅 純米吟醸 (板野酒造場:岡山市) 2

岡山県岡山市にある板野酒造さんが醸された日本酒「天恩酒 温羅(うら) 純米吟醸」の開栓後の変化を楽しんだ。

開栓直後よりもまとまりがでてきたように思う。よい感じでスイスイと盃がすすむ。

温羅

あわせたのは「温羅くんせい」。歯応えがよく、味わい深い。

温羅燻製

「野菜サラダ」。

野菜サラダ

「野菜コロッケ」。

野菜コロッケ

「天恩酒 温羅(うら) 純米吟醸」を飲み終えた。今回は火入れしたものであったが、時期により生酒もあるようなので、一度是非いただいてみたいものである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/03(Thu)

天恩酒 温羅 純米吟醸 (板野酒造場:岡山市)

岡山県岡山市にある板野酒造さんが醸された日本酒「天恩酒 温羅(うら) 純米吟醸」をいただいた。

これは岡山を訪れた際に居酒屋さんでいただき、気に入ったので自分でも購入してじっくり味わってみようと思ったお酒。岡山市にある酒屋さかばやしさんにて手に入れたもので、720ml1680円。
  
温羅

同じ岡山市にある酒のみむらさんが企画されたもののようで、雄町米が使われている。

温羅


温羅

いただいてみると、少し熟成香のようなものを感じるが口に含むと気にならず、雄町の割にやさしく甘い後口。広がりのある味わいである。

温羅

あわせたのは「温羅くんせい もも肉 にんにく醤油味」。岡山市表町にあるサンさん岡山さんにて購入したもので320円。岡山市にあるおかやま小松村さんが製造されている。

温羅くんせい

こちらが中身。親鳥を使っているからか、噛むほどに味わい深くおいしい。

温羅くんせい

「数の子」。

数の子

「大菜揚げ煮」。

大菜揚げ煮

「野菜入り天ぷら」。

野菜天ぷら

「おつまめ家族」。これは愛知県稲沢市にある株式会社ポッポナッツさんが製造されているもので、製品名もさることながら社名もユニークである。

おつまめ家族

「天恩酒 温羅 純米吟醸」と鶏の燻製「温羅」、同じ名称のものを合わせてみたがよい組み合わせのように思う。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/02(Wed)

おにぎり弁当 (ひろっちゃん:高知市)

高知市新屋敷にある「手作りコロッケと惣菜の店 ひろっちゃん」さんのお弁当を購入。

今回いただいたのは「おにぎり弁当」250円。

おにぎり弁当(ひろっちゃん)

中身はふりかけのかかった「おにぎり」2つ。

おにぎり弁当(ひろっちゃん)

「トマト」、「玉子焼き」、「天ぷら」、「コロッケ」。

おにぎり弁当(ひろっちゃん)

シンプルなお弁当であるが、気軽の試すことのできる値段設定がされている。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:弁当 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/06/01(Tue)

ゴールドブリュー (サントリー)

サントリーさんが製造されている第3のビール「ゴールドブリュー」をいただいた。

ビール

あっさりとした味わい。

ビール

あわせたのは「ひれかつ」。

ひれかつ

「わらび煮物」。

わらび



これは昼間にいただいた「豚テキ」。高知県室戸市羽根町で生産されている豚肉を使ったもの。厚めのものをゆっくりと焼いたので、肉の旨みが閉じ込められている。


豚テキ

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top