FC2ブログ
  • プロフィール

    オヤびん

    Author:オヤびん
    高知県高知市在住

  • FC2カウンター

  • ブログ内検索


2011/08/31(Wed)

鰹飯・きす天 (崎山仕出し店:高知県高岡郡中土佐町久礼)

所用で高知県中西部を訪れたので、高岡郡中土佐町久礼の大正市場近くにある崎山仕出し店さんにて昼食を購入。

いだいたのは「かつおめし」(300円)。椎茸や牛蒡などが入っており、鰹の風味豊かな炊き込みご飯といった印象。これだけを食べることを意識してのことであろうか、少々濃いめの味付けとなっている。

鰹めし

「きす天ぷら」。こちらは70円。サクサクとした衣とふんわりとした歯応えのきすの具合が丁度良い。

きす天

港町らしい昼食をいただくことができた。
スポンサーサイト



FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/30(Tue)

亀齢 辛口純米 八拾 (亀齢酒造:広島県東広島市) 2

広島県東広島市にある亀齢酒造さんが醸された日本酒「亀齢 辛口純米 八拾」の開栓後の変化を楽しんだ。

キレの良さは変わらず、酒名の通り辛口のお酒。

八拾

あわせたのは「タコ天」。高松市牟礼町の竹内義商店さんが製造されたもの。2枚で160円。たこの歯応えがよく、旨みがあっておいしい。また、揚げているのだがあっさりとした味わい。

たこ天

「スナップエンドウ」。茹でたてにゴマドレッシングをかけて。

スナップエンドウ

「冷奴」。

豆腐

「亀齢 辛口純米 八拾」を飲み終えた。亀齢酒造さんは変化に富んだお酒を造られる蔵元さんのようなので、いろんな銘柄をいただいてみたいと思う。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/29(Mon)

ジンジャーシロップ (桐島畑:高知県高岡郡四万十町地吉)

高知県高岡郡四万十町地吉にある桐島畑さんの「ジンジャーシロップ」をいただいた。

これは道の駅四万十とおわさんにて購入したもの。200mlで630円。原材料は粗糖と生姜のみと書かれている。

桐島畑ジンジャーシロップ


ジンジャーシロップにはいろんな味わい方があると思うが、暑い時期のことでもあるのでソーダ水を買ってきてジンジャーエールにしていただいた。生姜の香り豊かで、刺激があまり強くなくとても美味しい。

生姜が奥深い食べ物であることを再認識。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 飲んだもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/28(Sun)

クリーミープリン (菓子工房ルーヴ:香川県高松市)

エクレアに引き続き、菓子工房ルーヴさんのお菓子「クリーミープリン」(262円)をいただいた。

プリン

こちらは蓋を開けたところ。

プリン

口に含むとプリンの香りが鼻腔をくすぐり、味わいは濃厚。後味があっさりしているのは和三盆を使っているからであろうか。とてもおいしくいただいた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/27(Sat)

マンゴーエクレア (菓子工房ルーヴ:香川県高松市)

香川県高松市にある菓子工房ルーヴさんのお菓子をいただいた。

いただいたのは「マンゴーエクレア」(262円)

マンゴー

シュー皮の中には、マンゴーと生クリームが入っている。

マンゴー

いただいてみると、生クリームにはコクがあり、シュー皮は噛むほどに味わい深い。またマンゴーも生クリームに負けてなく、あっという間になくなってしまった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/26(Fri)

亀齢 辛口純米 八拾 (亀齢酒造:広島県東広島市)

広島県東広島市にある亀齢酒造さんが醸された日本酒「亀齢 辛口純米 八拾」をいただいた。

これは高知県四万十市の酒蔵ことぶき屋さんにて購入したもので、720ml 893円。精米歩合が8割だからであろうか、純米酒としては低価格。

八拾


八拾

香りは非常におとなしいが、いただいてみると、八十パーセント精米とは思えないなめらかできれいなお酒。キレがあるのだが、なにかしら余韻の残る酒質である。

八拾

あわせたのは「たこぶつ」。香川産の真だこで、柔らかく茹で上げられており、あっさりとした味わい。

たこぶつ

「冷奴」。徳島県三好市池田町の林豆腐店さんが製造されているもめん豆腐をつかったのだが、濃厚な味わいで箸がすすむ。

豆腐

「亀齢 辛口純米 八拾」、料理にあわせやすい日本酒である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/25(Thu)

かけ 小 (桃山亭丸亀本店:香川県丸亀市)

うどんツアー3店目を出た後、香川にて幾つかの用事を済ませ、帰る間際に小腹が空いてきたので、丸亀市で見かけた桃山亭丸亀本店さんに立ち寄ってみることにした。

時間が遅かったこともあり、あまりメニューを選ぶことができず、いただいたのは「かけ 小」(180円)

桃山亭

香川のうどんとしては少々柔らかめの食感であるが、やわらかい味わいのダシと合っている。

香川県ではあまり広くない地域にうどん店がかたまっているので、お店を幾つ回るのかを事前にしっかりと考え、また量を調節すべきことを再認識したツアーであった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/24(Wed)

ひやあつ 大 (宮武うどん:香川県高松市)

3店目に行ったのは高松市にある宮武うどんさん。

宮武うどんさんには琴平町にあった頃訪れたことがあり、田んぼのふちに車を止めてお店に向かったことを思い出しつつ、のれん分けされたお店に入店。

ここまでにそこそこの量を食べていたので、入店するまでは小にしようと考えていたのだが、カウンターに並び、他の人に手渡されている丼を眺めているうちにいつの間にか「ひやあつ 大」(350円)を注文していた。

宮武

こちらのうどん、見ての通り麺のねじれがものすごい。いただいてみると、そのねじれのため舌触りの違いもあきらか。ダシは非常にやわらかい風味で、麺の味わいをしっかりと楽しむことができる。

宮武

満腹。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2011/08/23(Tue)

牛肉ぶっかけ (麺処 綿谷:香川県丸亀市)

うどんツアー2店目は、同じ丸亀市内にある麺処 綿谷さん。

綿谷

初めて訪れたので店内が広いことに驚くが、カウンターに向かい「牛肉ぶっかけ 小」(340円)を注文。半セルフ方式なので、ダシのかかった状態で渡していただける。

綿谷

牛肉が沢山のっている様を楽しみつついただいてみると、醤油の風味が強めのダシに甘辛く味付けされた牛肉がよくあっており、麺もしっかりとしたコシをもっている。

綿谷


注文したのは”小”であったが、通常のお店の”大”並みの量があり、非常に食べ応えのあるものであった。

(注)量が多いので、いくつものお店を回るうどんツアーに組み込むのは少々危険かもしれない。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/22(Mon)

釜玉 大 (中村うどん:香川県丸亀市)

香川でうどんを食べなければ、との強迫観念が急に頭を占めてしまい、久しぶりにうどんツアーを決行することにした。

出発時刻が予定よりも遅れてしまったが、丸亀を通る頃に丁度開店時間がちかづいていた中村うどんさんにまず立ち寄ることに。お店の前には既に数人が並んでいたが、駐車場もそこそこ空いており、急いで駐車して列に並び開店を待つことにする。

開店と同時に入店し、注文したのは「釜玉 大」(350円)。前回あまりにも美味しかったため、後のことをあまり考えず”大”を選択。

こちらがその”釜玉”。味付けにはダシと醤油を選ぶことができるので、前回試せなかったダシをまず選択。

中村


いただいてみると、ふわふわの麺とたまごのからみ具合がとてもよく、麺そのものに味があるので玉子でのばされたダシとの相性もなかなか。最初にかけたダシを少量にしておいたので、ある程度ダシをすすったあと醤油を投入すると、”釜玉”の輪郭がよりはっきりしてくる。

うどんツアー、初っ端から大満足である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:うどん |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/21(Sun)

文佳人 リズール 純米吟醸 (株式会社アリサワ:高知県香美市土佐山田町) 2

高知県香美市土佐山田町にある株式会社アリサワさんが醸された日本酒「文佳人 リズール 純米吟醸」を再度楽しんだ。

軽い口当たりは相変わらず。冷やした方がまとまった感じがするのだが、火入れのお酒でもあるので温めてみるとどうなるのか、少し気になるところである。

文佳人リズール

あわせたのは「コンビーフ」。山形県寒河江市にある日東ベストさんが製造されているもの。スーパーにて100g198円。久しぶりにコンビーフ缶を開けてみたが、なんとなく懐かしい。

コンビーフ

コンビーフの味はまろやかで、そのままいただいても美味しい。

コンビーフ

「キャベツのコールスロー」。

コールスロー

「葱入り玉子焼き」。

玉子焼き

「小松菜揚げ煮」。

小松菜お揚げ煮

「きびなごケンピ」。

きびなごケンピ


「文佳人 リズール 純米吟醸」を飲み終えた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/20(Sat)

ゆずかりんとう 40010 (LLPしまんと:高知県四万十市)

40010シリーズ3種類のうち、最後にいただいたのは「ゆずかりんとう 40010」。四万十市にあるLLPしまんとさんが製造されているもので、45g入り230円。

40010ゆず

ほのかな甘みは他のものと同様。ゆずパウダーにより柚子が軽やかに香り、練り込まれている柚子皮のためであろうか、かすかな苦味がアクセントになっている。

40010ゆず

三種のうち、個人的にはゆずが一番気に入った。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/19(Fri)

文佳人 リズール 純米吟醸 (株式会社アリサワ:高知県香美市土佐山田町)

高知県香美市土佐山田町にある株式会社アリサワさんが醸された日本酒「文佳人 リズール 純米吟醸」をいただいた。

これは高知市にある鬼田酒店さんにて購入したもの。720ml 1470円。

いろんなところで良い評判を聞くのでどんなお酒か想像しながら開栓する。

文佳人リズール


文佳人リズール


文佳人リズール

開栓すると控えめではあるが華やかな吟醸香が広がる。口に含めば、酸味が強調されているものの軽やかな酒質で、温度により表情が変わる。

文佳人リズール

あわせたのは「カレイ刺身」。

かれい刺身

「小松菜ゴマ和え」。

こまつなゴマ和え

「すくい豆腐」。高知市にある大豊とうふさんが造られているもので、大豆の風味が濃く、何もつけずにいただいた。

とうふ

「きびなごケンピ」。高知県幡多郡大月町にある道の駅大月さんにて購入。100g入りで300円~400円だったように記憶している。

きびなごケンピ

以前いただいたものよりも、少々甘味が強くなっているような印象受けた。しかし、この甘味が後をひく。つまみとしてはなかなかよいのではないだろうか。

きびなごケンピ

「文佳人 リズール 純米吟醸」、文佳人銘柄のお酒の中では、あっさり系の部類に入るのではないだろうか。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:高知 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/18(Thu)

しょうがかりんとう 40010 (LLPしまんと:高知県四万十市)

以前購入した40010シリーズのうち、今回は「しょうがかりんとう 40010」をいただいた。四万十市にあるLLPしまんとさんが製造されているもので、45g入り230円。

40010生姜

いただいてみると、ほっとさせられる後味はプレーンと変わらないが、甘さをかき消さない程度の生姜の風味がほんのりとし、良い感じである。

40010生姜

40010シリーズ、一袋に入っている量がそれほど多くないので、あっという間に食べ切ってしまう。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/17(Wed)

やきぐり・やま路 (和菓子処 一福:高知市)

高知市にある横浜ニュータウン方面を訪れたので、横浜新町の和菓子処 一福(いっぷく)さんに立ち寄った。

いっぷく

いただいたのは「やきぐり」(126円)

いっぷく

あっさりとしたお饅頭。

いっぷく

「やま路」。こちらは1つ210円。

山路

中にレーズンの入ったカップケーキである。

山路

どちらも小さめで上品な甘味をもったお菓子であった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/16(Tue)

純米大吟醸 電光石火 あらびかり (井上合名会社:福岡県三井郡大刀洗町) 2

福岡県三井郡大刀洗町にある井上合名会社さんが醸された日本酒「純米大吟醸 電光石火 あらびかり」を再度いただいた。

まるみのある酒質は一種独特であるが、味の濃いものにまけない強さもあって飲みごたえを感じる。

電光石火

あわせたのは「餃子」。手造りの餃子を焼いてみたのだが、肉汁がたっぷりで美味しい。

餃子

「キャベツと玉ねぎのコールスロー」。

コールスロー

「鰻蒲焼」。高知市にある北浜商店さんにて購入。280円。アルミ箔に包み、オーブントースターで温めていただく。

うなぎ

「にんじんと大根のぬか漬け」。

ぬか漬け

「冷凍ピザ」。

ピザ

「純米大吟醸 電光石火 あらびかり」を飲み終えた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/15(Mon)

サッポロ プレミアム アルコールフリー (サッポロビール)

サッポロビールさんが製造されている「サッポロ プレミアム アルコールフリー」をいただいた。

開缶するとホップの香りが漂う。いただいてみると、キレを重視した味わいで、最初はビール?という感じであったが、飲んでいるうちにビールのような気がしてくるから不思議である。

フリー

アルコールが入っていないと意味がないと思っていたのだが、別の飲み物として考えれば、これはこれでアリかもしれない。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 飲んだもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/14(Sun)

がちん米 (早瀬:愛媛県宇和島市)

米粉のキャラメルビスコッティ「がちん米(こめ)」という名のお菓子をいただいた。

これは宇和島市を訪れた際に道の駅きさいや広場さんにて購入したもので、5本入って250円。同じ宇和島市にある早瀬さんという焼き菓子店にて製造されている。

がちん米

米粉でつくられた生地にアーモンドやピーナツが埋め込まれている。

がちん米

いただいてみると、アーモンドの香りがよく、堅めで軽い食感。コーヒーにあわすとよい感じである。米粉でつくっているからであろうか、結構お腹にたまる一品であった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/13(Sat)

四万十川 火振り酒 ミステリアスリザーブ (無手無冠:高知県高岡郡四万十町大正)

高知県高岡郡四万十町大正にある無手無冠さんが醸造された栗焼酎「四万十川 火振り酒 ミステリアスリザーブ」をいただいた。

これは結構前に高知市の鬼田酒店さんにて購入。1333円。

栗焼酎の原酒を、四万十にかけて40010時間寝かしておいたものとのこと。

ミステリアスリザーブ

アルコール度数33パーセントなので強いお酒であるが、ストレートで口に含むと数字ほどの強さは感じず、栗の香り、コクなどをしっかりと楽しめる。何かを食べながらの場合には、薄め過ぎない程度のロックでいただくのがよさそうだ。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:焼酎 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/12(Fri)

純米大吟醸 電光石火 あらびかり (井上合名会社:福岡県三井郡大刀洗町)

福岡県三井郡大刀洗町にある井上合名会社さんが醸された日本酒「純米大吟醸 電光石火 あらびかり」をいただいた。

これは北九州市のひらしま酒店さんオリジナルの日本酒で、720ml 2500円。

非常にインパクトのある外箱である。

電光石火

箱の中身はこちら。

電光石火

”あらびかり”は”あらばしり”とかけているのであろうか。

電光石火

裏ラベル。昨年購入し冷蔵庫で眠っていたものなので、製造されてから1年以上経っている。

電光石火

開栓すると穏やかな吟醸香が拡がる。口にふくめば、まるみのある甘さがどっしりと腰を据えているかのような印象。

電光石火

あわせたのは「漬物ステーキ しょうゆ味」。岐阜県高山市にある飛騨山味屋さんが製造されているもので、一袋420円。漬物を焼いて食べるという、飛騨地方の名物料理である。

漬物ステーキ

白菜と赤かぶらの漬物をフライパンで炒め、付属のたれをかけて卵をのせると完成。卵のないところは結構味が濃い目だが、卵によりまろやかさがグッと増す。想像していた以上にご飯のおかずとしてよさそうだ。ごま油などで炒めるとより風味が増して肴としてはよいかもしれない。

漬物ステーキ

「厚揚げにんにくぬた」。

厚揚げにんにくぬた

「天ぷら」。

天ぷら

「純米大吟醸 電光石火 あらびかり」、大吟醸ではあるが濃く重い日本酒なので、料理もしっかりとしたものをあわせたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/11(Thu)

プレーンかりんとう 40010 (LLPしまんと:高知県四万十市)

高知県西部を訪れた際、四万十市で立ち寄ったサンリバー四万十さんにてお菓子を購入。

今回は3種類の味のうちの1つ「プレーンかりんとう 40010」をいただいた。四万十市にあるLLPしまんとさんが製造されているもので、野菜スイーツ専門店パティスリー ポタジエさんがプロデュースされたものとのこと。45g入りで230円。

40010

”40010”と書いて”しまんとう”。

40010

こちらがその中身。生地は米粉と小麦粉がメインで、黒蜜糖「ぼか」が甘味料の一つに使われているとのこと。

40010

いただいてみると、軽堅い食感で噛み砕くのが心地よい。味わいも軽めで後味がよい。使っている材料のせいであろうか。量はあまり多くないが、230円という値段は観光地などに置いているものとしては手を出しやすく感じる。ドライブなどに丁度よい量なのかもしれない。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/10(Wed)

生姜塩けんぴ (まぁるいお月さん:高知県幡多郡大月町)

先日に引き続き、高知県幡多郡大月町にある道の駅大月さんにて購入した芋けんぴをいただいた。

「塩けんぴ 生姜風味」が商品名のようで、60g入り100円程度。原材料はさつまいも、砂糖、生姜、塩。

芋けんぴ

中身はこちら。

芋けんぴ

やわらかい芋けんぴよりも噛み応えがあり、芋の中が空洞になっているかのような感覚。塩けんぴではあるがあまりしょっぱさは感じず、穏やかな生姜風味を楽しめる。やわらかい芋けんぴとはまた別物と思っておいたほうがよいであろう。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:芋けんぴ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/09(Tue)

やわらか 芋けんぴ (まぁるいお月さん:高知県幡多郡大月町)

高知県幡多郡大月町にある道の駅大月さんを訪れた際、妙に気になる芋けんぴがあったので購入しておいた。

こちらがその「やわらか 芋けんぴ」で、小さめの袋に入って100円ぐらいだったであろうか。同じ道の駅の建物2階にあるまぁるいお月さんというお店で造られているもの。

芋けんぴ

袋の中身はこちら。

芋けんぴ

原材料が芋と砂糖のみになっているが、揚げたものではないのであろうか。いただいてみると品名の通りとてもやわらかく、芋の風味にあふれている。茹でて、砂糖を付けて、干したようなイメージで、なんとなく東山を連想させる。食べやすく、お茶受けによさそうな一品である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:芋けんぴ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/08(Mon)

土佐の宗田かつお入り なめたけ (加用物産:高知県四万十市)

朝ご飯のおかずにと思い購入しておいた「土佐の宗田かつお入り なめたけ」をいただいた。

これは高知県四万十市にある加用物産さんが販売されているもので、同じ四万十市にある物産館サンリバー四万さんにて購入。100g入りで400円。


なめたけ

こちらが蓋を開けたところ。なめたけに入っている鰹と生姜の香りが鼻腔をくすぐる。

なめたけ

なめたけを温かいご飯にのせ、口にかきこむ。

なめたけ

少々醤油の味が強めながら、すっきりとした甘味がありご飯が進む一品である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/07(Sun)

ホップ畑の香り (サッポロビール)

サッポロビールさんが製造されている新ジャンルビール「ホップ畑の香り」をいただいた。

開缶するとホップらしい香りが広がり、華やかでキレのある飲み口。

ホップの香り

いっしょにいただいたのは「まぜそば」日清冷凍食品さんの製品で、以前に一度いただき結構気に入ったもの。今回は高知県幡多郡三原村のしゅりの里の卵の卵黄をのせて。

まぜそば

混ぜ合わせて口に運ぶと、卵黄のまろやかさがほどよく美味しい。

まぜそば


グビグビと喉を通っていく飲み物のおいしい季節である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/06(Sat)

野根まんぢう (福田屋:高知県安芸郡東洋町野根)

少し前に「野根まんじゅう」のことを記したが、実は同時に「野根まんぢう」も購入しており、今回はそちらをいただいたので記録しておく。

「野根まんぢう」を購入した場所は先日の浜口福月堂さんのお店の隣にある福田屋さん。後から調べてみると、訪れたのはどうやら工場のようであるが、快く対応いただいた。

野根まんぢう

こちらが袋の中身で8個入り420円(少しまけていただいたようだ)。

野根まんぢう

いただいてみると、皮がしっとりとしている気がする。皮の厚さは先日のものに比べると厚いように思うが、それでも薄く、餡がメインのようなお饅頭。

野根まんぢう

甘めだが心なしかあっさりとした感じもあり、ついつい手が伸びてしまう。

野根まんぢう

野根と名のつくお饅頭は東洋町野根では2件が扱っているようだが、高知市で製造販売されているお店もあるようなので、見かけたら試してみたいと思っている。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/05(Fri)

元気な土佐ジローぷりん (タン・プル・タン:高知県宿毛市)

宿毛市にあるタン・プル・タンさんにて購入しておいた「元気な土佐ジローぷりん」をいただいたので記しておく。1つ120円。

プリン

こちらがプリンの表面。

プリン

昔ながらの素朴な感じの味わいであるが、濃厚で後を引きつつあっさりとしていてとても美味しい。非常に好みの味わいに近いプリンであった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/04(Thu)

壮一郎の流儀 中汲み無濾過原酒 生酒 (首藤酒造:愛媛県西条市) 2

愛媛県西条市にある首藤酒造さんが醸された日本酒「壮一郎の流儀 中汲み無濾過原酒 生酒」の開栓後の変化を楽しんだ。

開栓直後よりも濃く、味がのっているように感じる。しかしながら、きれいな感じは相変わらずなので、いろんな料理に合わせやすい。

壮一郎の流儀

あわせたのは「天ぷら」。土佐清水市にある永野水産さんが造られているもので、トビウオやアジのすり身が使われている。非常に重量感があり、味わいもしっかりとしている。

天ぷら

「鶏唐揚げ」。

鶏唐揚げ

「おから煮」。

おから

「元気もん 大豆といりこの栄養揚げ」。愛媛県宇和島市のしらさぎグループさんが製造されているもので、宇和島を訪れた際に購入しておいたもの。100gで200円。

元気もん

中身は大豆とじゃこを揚げて甘辛く味付けしたもの。大豆は噛むほどに味わい深く、じゃこの旨みと相まってなかなか美味しい。後を引く。

元気もん


「壮一郎の流儀 中汲み無濾過原酒 生酒」を飲み終えた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/03(Wed)

野根まんじゅう (浜口福月堂:高知県安芸郡東洋町野根)

少し前に高知県東部にある安芸郡東洋町を訪れた際、野根という町に立ち寄り「野根まんじゅう」を購入しておいた。

これは浜口福月堂さんが製造されているもので、8個入り350円。

野根まんじゅう

裏書きによると、現在製造は高知市にて行っているようだ。調べてみると高知市に出店したのが平成十年のようなので、結構最近のことである。

野根まんじゅう

箱の中には「野根まんじゅう」の定義が記されている。

野根まんじゅう

「野根まんじゅう」の本体はこちら。見慣れた姿形をしている。

野根まんじゅう

いただいてみると見た目の通り、非常に薄皮なので饅頭の90%以上が餡といった感じで甘いのだが、後をひく。

野根まんじゅう


熱いお茶とあわせていただきたいお菓子である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/08/02(Tue)

小夏じゅーす (土佐れいほく農協:高知県長岡郡大豊町)

高知県長岡郡大豊町にある土佐れいほく農協さんが製造されている「小夏じゅーす」をいただいた。

280mlで108円だったであろうか。

小夏じゅーす

小夏ジュースは甘味が前面に出ているものが多いのだが、想像していたよりも酸味が効いていて、甘味とのバランスがよい一品と感じた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 飲んだもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top