FC2ブログ
  • プロフィール

    オヤびん

    Author:オヤびん
    高知県高知市在住

  • FC2カウンター

  • ブログ内検索


2011/12/31(Sat)

パティシエのりんごスティック (ラグノオ:青森県弘前市)

青森県弘前市のラグノオさんが製造されているお菓子「パティシエのりんごスティック」をいただいた。

これは青森を訪れた際、帰りに立ち寄ったA-FACTORYさんにて購入したもの。1つ150円。

りんごスティック

オーブンで温めていただくとよいということで、アルミホイルにのせ、2分ほど温めてみる。温め始めて1分もすれば、よい香りが漂ってくる。

りんごスティック

いただいてみると、バターの風味がよく、りんご部分は甘め。日持ちするので手軽に購入できる一品である。

りんごスティック


最近、高知県のスーパーで開催されていた東北物産展にて、このお菓子が販売されているのを見かけた。
スポンサーサイト
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/31(Sat)

京のおぶみそ (永楽屋:京都市)

京都市にある永楽屋さんが製造されている「京のおぶみそ」をいただいた。

おぶ漬け

味噌と佃煮を合わせたもののようだ。

おぶ漬け


おぶ漬け

いただいたのは、しいたけ、こんぶ、かつおの三種。

おぶ漬け

椎茸を温かいご飯にのせてみる。

おぶ漬け

味噌と椎茸の風味がよくなじんでいて、ご飯がすすむ。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/31(Sat)

バターカステラ (マールブランシュ:京都市)

京都市にあるマールブランシュさんが造られているお菓子「バターカステラ(京・地卵&抹茶・小豆)」をいただいた。800円。

バターカステラ

こちらがその中身。

バターカステラ

地卵を使ったものはバターの風味が濃厚

バターカステラ

黒く見えているのが小豆で、こちらも濃厚な抹茶の風味を楽しめる。

バターカステラ

カステラの一つ一つは小さいながらも、凝縮された風味を楽しむことができるので、少量でも満足できる一品である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/30(Fri)

ようかんパン (松本製パン所:愛媛県南宇和郡城辺町)

宇和島市内のスーパーにて、ちょっと変わったパンを見かけたので購入してみた。

それがこちらの「ようかんパン」。1つ110円。南宇和郡城辺町の松本製パン所さんが造られているもの。

ようかんパン

パンの上にようかんが薄く塗られているが、一口齧ると中に餡が入っていることが判明。ようかんとあんのダブルで甘味がやってくる、面白い組み合わせのパンである。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:パン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/30(Fri)

さつま汁 (ふみきり亭:愛媛県宇和島市)

南予地方の郷土料理「さつま汁」をいただいた。

これは宇和島市内にあるスーパーにて、1パック294円で購入。宇和島市のふみきり亭が製造されているもの。

さつま汁

魚や麦みそが主原料。

さつま汁

韮生米の炊きたてご飯にかけていただく。味噌で作られているのは知っていたのだが、想像していたよりも甘く感じる。この地方の味噌が甘口ゆえのことであろう。

さつま汁

宮崎の冷汁のように、胡瓜などの野菜を加えていただくと、よりさっぱりしてよいのではないかと思ったが、それに気がついたのはほぼ食べ切った後のことであった。薬味などの工夫次第で、化けそうな料理である。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/30(Fri)

豊盃倶楽部 純米吟醸 ひやおろし (三浦酒造:青森県弘前市) 2

青森県弘前市にある三浦酒造さんが醸された日本酒「豊盃倶楽部 純米吟醸 ひやおろし」を再度いただいた。

落ち着いた酒質であるが、開栓後少し時間が経ったからであろうか、開栓直後よりも芳醇で味わい深く感じる。お燗にしてみてもよいのかもしれない。

豊盃倶楽部

あわせたのは「媛っこ地鶏むね肉塩焼き」。媛っこ地鶏の胸肉を塩こしょうのみで焼いたもの。パサパサ感があまりなく、旨みが濃い地鶏である。

媛っ子地鶏

「赤ピーマンポン酢」

赤ピーマン

「ゴーヤ黄身和え」

ゴーヤ

「豊盃倶楽部 純米吟醸 ひやおろし」を飲み終えた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/29(Thu)

金のオフ (サッポロビール)

サッポロビールさんが製造されている「金のオフ」をいただいた。

アルコール分が4%であっさりとした味わい。

金のオフ

あわせたのは「スーパーミックスポップコーン」

ポップコーン

韓国にて造られている製品で、バター・グレープ・塩・バナナ・チョコ味のポップコーン。ビールを飲みながらの場合、時に甘い味付けのものに当たると、んっ?と思うが、変化球と考えれば面白いのかもしれない。

ポップコーン

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ビール |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/28(Wed)

豊盃倶楽部 純米吟醸 ひやおろし (三浦酒造:青森県弘前市)

青森県弘前市にある三浦酒造さんが醸された日本酒「豊盃倶楽部 純米吟醸 ひやおろし」をいただいた。

これは弘前市にある酒の柳田さんにて購入したもので、720ml 1840円。豊盃倶楽部の会員限定酒とのこと。

豊盃倶楽部


豊盃倶楽部


豊盃倶楽部

豊盃という名の酒米が使われており、水は岩木山山系のもの。

豊盃倶楽部

芳醇な味わいをイメージしていたのだが、いただいてみると思っていたよりも引き締まった印象で、高知のお酒と少し似て、量がすすみそうな酒質。弘前で訪れた居酒屋で豊盃倶楽部の生をいただいたのだが、今回の火入れとは全く異なったものであるように感じる。

豊盃倶楽部

あわせたのは「かぼちゃコロッケ」

コロッケ

「かぼちゃの茎の煮物」

煮物

「白なすの炒め物」。白なすを油炒めし、シンプルにだし醤油で味付け。皮の食感が面白い。

白なす炒め

「おつまみじゃこ天」。宇和島市にある島原かまぼこさんの製品で、一袋176円。オーブントースターで軽く炙っていただいたが、やわらかで雑味が少なく、旨みのしっかりしたじゃこ天。

おつまみじゃこてん

「豊盃倶楽部 純米吟醸 ひやおろし」、開栓後時間が経つと変化するかもしれないので、再度いただくのを楽しみにしたい。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/27(Tue)

京ひな 超辛口大吟醸 幸三郎 中汲み 生酒 (酒六酒造:愛媛県喜多郡内子町) 2

愛媛県喜多郡内子町にある酒六酒造さんが醸された日本酒「京ひな 超辛口大吟醸 幸三郎 中汲み 生酒」を再度いただいた。

開栓直後よりも味の深みがグッと増し、特徴的であった辛口の後味が、濃厚で余韻を残しつつきれていく方向に変化。もともときれいな酒質であるので、濃厚でも嫌味がなく、単純に美味しいと感じる。

幸三郎

あわせたのは「特上じゃこ天」。宇和島市にある井上蒲鉾本舗さんのもので、1枚158円。冷えた状態でいただいたのだが、じゃこや油の雑味が少なく、しっかりと旨みが引き出されていて、とても美味しい。

じゃこ天

「かぼちゃの茎とお揚げの煮物」。かぼちゃの茎なるものが下ごしらえした状態で売られていたので、お揚げと煮てみたもの。かぼちゃの茎は、ふきとイタドリの中間のような食感で、あまりくせもなくいろんなものにあわせやすそう。

煮物

「厚切りモーツアルト」。愛媛県西予市にある城川自然牧場さんで製造されたハム。108g入りで357円。燻製しておらずシンプルな見た目であるが、味わい深い。

ハム


「京ひな 超辛口大吟醸 幸三郎 中汲み 生酒」を飲み終えた。開栓後の変化が激しく、いつが飲み頃であるのかわからない部分もあるが、こうした面も含めて、やはり日本酒は面白い。


FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/26(Mon)

遊子水荷浦の段畑 (愛媛県宇和島市遊子)

宇和島市では、以前より訪れてみたいと思っていた遊子水荷浦の段畑にも足を延ばしてみた。

宇和島市街から30分ぐらいであろうか、石川県の穴水を思わせるような景色の中、車を走らせると半島の一部の端に段畑が現れる。

遊子段畑

港から道路・住宅地を隔てて、すぐに段畑となっている。

遊子段畑


遊子段畑


遊子段畑


遊子段畑

段畑中腹からの眺め。

遊子段畑

こちらは段畑のある半島の反対側の風景。

遊子段畑


遊子段畑

単に訪れるだけなら良い風景の場所ということになるのだが、間近で見てみると石を積み上げて造られた段畑からはその土地に住む人々の苦労も感じられ、いろいろ考えさせられた。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/26(Mon)

宇和島城

宇和島市を訪れた際、時間の合間をぬって宇和島城を散策した。入場料は200円。

宇和島城

よく手入れされている。

宇和島城

天守閣からの眺め。

宇和島城

宇和島の綺麗な景色を楽しめる、ちょっと住んでみたくなるようなお城である。

宇和島城

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/26(Mon)

鯛飯 (ほづみ亭:愛媛県宇和島市)

所用で愛媛県宇和島市を訪れた際、宇和島駅から歩いて行ける距離にあるほづみ亭さんにて昼食をいただいた。

ほづみ亭

気になるメニューが多く並ぶ中、最初はさつま飯を頼む予定であったが、前回宇和島に来たときにおいしかった鯛飯を再び食べたくなり、そちらを注文することに。

ほづみ亭

こちらが「鯛飯」(950円)。鯛飯の他、たこの煮物、おすまし、香の物がセットになっている。

ほづみ亭

お膳を持ってきていただいたときに、ご飯が足りなければ言ってくださいと言われたので、おかわり前提の配分でいただくことにする。まずは鯛の入った器で玉子を崩し、

ほづみ亭

ご飯にのせ、口にかきこむ。旨い。

ほづみ亭

タレの量が多いので、玉子ご飯のような感覚にもなってしまうが、鯛の歯ごたえと旨みがなんともいえない。お澄ましには削りかまぼこが入っていた。蛸の煮物はやわらかい。鯛を半分少し食べてから、おかわりを頼むと熱々のご飯がやってきたので、再度タレを回しかけ、いただく。満腹になるまでいただくことができ、満足。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/25(Sun)

京ひな 超辛口大吟醸 幸三郎 中汲み 生酒 (酒六酒造:愛媛県喜多郡内子町)

愛媛県喜多郡内子町にある酒六酒造さんが醸された日本酒「京ひな 超辛口大吟醸 幸三郎 中汲み 生酒」をいただいた。

大洲市の酒乃さわださんにて購入したもので、720ml 1600円。杜氏さんの御名前が銘柄名となっている。

幸三郎


幸三郎


幸三郎


幸三郎


幸三郎

辛口大吟醸生とのことであるが、非常に香り高いお酒で、吟醸らしい含み香が特徴的。また、辛口と謳っているように、後口は辛口そのもの。

幸三郎

あわせたのは「ゴーヤチャンプルー」。ベーコンを使って。

ゴーヤチャンプルー

「山芋短冊」

山芋たんざく

「うなぎ肝」

うなぎ肝

「ポテロング わさび醤油味」

ポテロング

「京ひな 超辛口大吟醸 幸三郎 中汲み 生酒」、料理と合わせるよりも、お酒そのものを少しずつ楽しむのに向いているように感じた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:日本酒:愛媛・香川・徳島 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/24(Sat)

ブリオッシュ・クロワッサン・アップルデニッシュ (ブーランジェリー プウセ:高知市)

高知市にあるパン屋ブーランジェリー プウセさんのパンを幾つかいただいた。

こちらは「ブリオッシュ」(80円)。素朴な味わいの一品。

ブリオッシュ

「クロワッサン」(145円)。大ぶりで、香ばしく濃厚な味わい。

クロワッサン

「アップルデニッシュ」(160円)。リンゴの歯ごたえと少しの酸味がよい感じである。

リンゴパン


FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:パン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/24(Sat)

Cotes du Rhone Vieilles Vignes (フランス)

フランス産の赤ワイン「Cotes du Rhone Vieilles Vignes」をいただいた。

これは愛媛県大洲市にある酒乃さわださんにて、シラーで造られたワインは好みのものが多いと伝えてお薦めいただいたもの。750mlで1700円。

華やかではあるが重厚な香りのワインを口に含むと、酸味と渋みを感じる。これがタンニンの渋みであろうか。けっして嫌なものではなく、ワインに飲み応えと存在感を与えている。

ワイン


ワイン


ワイン


ワイン

あわせたのは「えびの高原 フランクフルトソーセージ」。宮崎県えびの市にある丸正フーズの製品。

ウインナ

「カマンベールチーズ」。酒乃さわださんにて取り扱われているチーズ王国さんのもの。グラム数は失念したが、購入した812円分で2,3人は楽しめる量。白カビの香りがしっかりとあるので、チーズの味もそれなりにくせがあると思っていたのだが、口に含むとそのクリーミーさおよび重厚さに驚かされる。そのままいただいてもよいが、ワインとの相性が抜群で、ワインがすすむ。またバゲットとの相性もこれまた抜群で、想像以上に早いペースで減っていく。

カマンベールチーズ

こちらは高知市にあるブーランジェリー プウセさんの「プティ バゲット」。180円。やわらかい口当たりであるが、香ばしさと旨みを感じられ、上記したようにチーズとの相性がとてもよい。

バゲット

こちらは同じプウセさんの「キッシュ」(320円)。しっとりとした食感。

キッシュ


その他、焼きオクラなどとともにいただいた。

「Cotes du Rhone Vieilles Vignes」、濃厚な味わいなので、じっくりと腰を落ち着けて味わうことのできるワインである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : お酒:ワイン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/23(Fri)

唐揚弁当 (日本料理 匠:高知市)

高知市はりまや町にある日本料理匠さんのお店の前にて、お弁当やお惣菜などが売られていたので、お弁当を購入してみることにした。

「唐揚弁当」(250円)

匠

中身は「ご飯」

匠

「鶏唐揚げ」

匠

「玉子焼き」、「竹輪」、「すき焼き風煮」

匠

「胡瓜と若布の酢物」

匠

日本料理のお店らしく、どれも比較的上品な味付けで、ご飯をバクバク食べる感じではないが、ゆったりとした気分でいただくことができる。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:弁当 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/22(Thu)

チキンフィレサンド・メイプルアップルパイ (ケンタッキーフライドチキン)

ケンタッキーフライドチキンさんを久々に訪問。

いただいたのは「チキンフィレサンド」(380円)。チキンの衣にしっかりと味がついており、マヨネーズソースと良く合っている。

ケンタッキー

「メイプルアップルパイ」(220円)。アップルパイが気になっていたので購入。

ケンタッキー

パイ生地の中には、リンゴとメープルシロップが入っている。生地はしっとり、リンゴの食感はサクサクで、メープルシロップの香りが結構強め。甘味の引き立ったアップルパイである。

ケンタッキー


FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/21(Wed)

京漬けもの 瓜・万願寺とうがらし (西利:京都市)

京都市にある漬けもの店西利さんのお漬物をいただいた。

こちらは「瓜」。非常にあっさりとした味わい。

瓜漬けもの

「万願寺とうがらし」。辛みは感じず、ポリポリとした歯応えがここちよい。昆布の旨みが効いた一品。

万願寺唐辛子漬けもの

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/20(Tue)

青森県弘前市メモ

所用で訪れた弘前市では、幾つかの飲み屋さんを訪れたので記録に残しておく。


竈(かまど)さん:弘前駅から歩いて行ける場所にある居酒屋さん。地元のお酒や料理を楽しめる。

川崎さん:弘前市新鍛治町にあるお店で、地元の方が普段食べられているものをいただける居酒屋さん。料理名からは想像のつかないものが多数あり、お店の方とのやりとりも楽しい。また日本酒も豊富である。このお店は酒の柳田さんにて紹介いただいた。(実は串の坊さんや日向ぼっこさんなども紹介いただいたが、場所は確認したものの、時間の都合で訪問できず。)

土紋さん:少々距離はあるが、弘前駅から歩いて行くことができる。日本酒は豊盃のみとのことであるが、生酒など種類が豊富で楽しめる。料理も地元の特色あるものをいただける。

津軽衆さん:弘前駅から近く、気軽に立ち寄ることのできる居酒屋さん。


弘前市は日本酒の醸造も盛んな土地柄のようで、ほとんどのお店で地元の日本酒を主に扱い、他の地域のものはあまり見かけることがなかった。地域に密着した経営をされているお店が多いのであろう。



FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/20(Tue)

ショソン・オ・ポム (Sweets Factory ぱむぱむ:青森市)

青森市にはアスパムという名の観光物産館があり、駅からも歩いていける距離にあったので立ち寄ってみた。

こちらでいただいたのは「ショソン・オ・ポム」という名のアップルパイ。Sweets Factory ぱむぱむさんにて販売されていたもので、1つ200円。紅玉が使われているとのこと。

ショソン・オ・ポム

バターの風味たっぷりなサクサクのパイ生地に、甘酸っぱい紅玉がよくあっており、またたく間に食べ切ってしまった。

ショソン・オ・ポム


これまでアップルパイを気にしたことはあまりなかったのだが、これからは見かける度に気になってしまいそうである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/20(Tue)

三色丼定食 (丸青食堂:青森市)

青森からの帰途、飛行機に乗る前に少々時間があったので、青森駅前を散策することにした。駅前には幾つか市場があり、興味深いものが多くあったのだが、食事を済ませておこうと思い、アウガという建物の地下1階にある市場内の食堂に立ち寄った。

それがこちらの丸青食堂さん。

丸青食堂

いただいたのは「三色丼定食」(1700円)。三色丼にのっているのはホタテ、いくら、うに。

丸青食堂

まずホタテをいただいてみると、いつもいただいているものとは異なり、食感がとてもよい。そしてしっかりしているが後味のよい旨みを感じる。このホタテであれば、メニューにホタテ丼があったのもうなづける。

丸青食堂

いくらはねっとりプチっとしており、旨みが濃厚。少し醤油をかけるとご飯がすすむすすむ。

丸青食堂

そして、うに。甘味と旨みが凝縮されており、よくある嫌な後味は微塵も感じず、こちらもご飯を後から後からかきこみたくなってしまう。

丸青食堂

香の物。

丸青食堂

素材の良さが見事に発揮された海鮮丼であった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/19(Mon)

おおわにラーメン (山崎食堂:青森県南津軽郡大鰐町)

以前dancyuという雑誌で大鰐温泉もやしのことが紹介されており、何故か記憶の片隅に残っていた。

今回青森県を訪問し、滞在した弘前市周辺の地図を見ていたところ、それほど離れていない場所に大鰐温泉の名前を見つけ、いてもたってもいられず、なんとか時間をひねり出して電車で訪れることにした。

向かったのは大鰐温泉駅前にある山崎食堂さん。開店時間の午前10時過ぎに到着したが、電気はついているものの開いている感じでもないので、おそるおそる声をかけてみると大丈夫とのこと。

山食堂

大鰐もやしを存分に堪能したいと思っていたのでもやし炒め定食を頼むと、休止中とのこと。代わりに大鰐もやしの入ったおおわにラーメンをいただくことにする。

山食堂

こちらが「おおわにラーメン」(中:600円)

山食堂

細めの縮れ麺と煮干しのスープの上にのっているのは、油揚げと一緒に炒められた大鰐もやし、煮豚、しなちく、なると、ねぎなど。鼻を近づけるともやしがプンと香る。

山食堂

いただいてみると、もやしは細身ながらシャキシャキで、先の部分は豆の味が濃い。普段適当に買っていただくもやしとは明らかに異なり、もやしの力強さがしっかりと感じられる。ラーメンのあっさりしたスープとまたよく合っていて、どちらの特徴も活かされている。よいものをいただいた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/18(Sun)

つゆ焼きそば (すずのや:青森県黒石市)

黒石市までせっかくやってきたので、あいにくの雨であったのだが、街中を散策。

その後、黒石名物のつゆ焼きそばを食べてみようと考え、案内所で量が少なめのところを聞いてみたところ、2店ほど教えてくださり、そのうちの一軒であるすずのやさんを訪問してみることにした。

黒石

こちらがいただいた「つゆ焼きそば」(500円)。ソース味の焼きそばにスープがかかっているのだが、食べ始め直後は想像通りの味わい。具はたまねぎ、きゃべつ、豚肉、天かすなどで、平たい麺がスープにあっており、またのびにくいためか最後までしっかりとした食感が残っている。

つゆ焼きそば

想像の域を超えない味付けではあるのだが、この地域で昔から親しまれてきた味ということで、なんとなく味わい深い。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/18(Sun)

中華そば (長崎家:青森県黒石市)

津軽百年食堂の一つが、青森県黒石市にあるとの情報を仕入れたので、所用の合間をぬい向かってみた。弘前からは弘南鉄道に乗り、田んぼやリンゴ畑の中を通って黒石まで行くことが可能。

黒石駅に降り立ち、向かった先は長崎家さん。鄙びた感じの食堂は、入り口から調理している様がうかがえ、入りやすい。

中華そば(黒石)

こちらのお店では冷たい中華そばが有名のようであるが、寒さを感じる気温であったので温かい「中華そば」を選択。550円。具は煮豚、しなちく、ねぎ、麩。

中華そば(黒石)

ちぢれた細麺が、非常にあっさりしたスープとよくあっており、箸がすすむ。ラーメンというよりはうどんやそばに近いぐらいあっさりしているのだが、旨みがあり、食べ進むほどにはまってくる感じである。スープは澄んでおり、煮豚の脂が浮いているのが見えるほど。量もあり、満足。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/17(Sat)

アップルパイ (ジークフリート:青森県弘前市)

青森県はりんごの産地であり、訪れた弘前市ではそのりんごを使ったお菓子が沢山造られている。特にアップルパイは食べ歩きマップが作成されるほど有名なようで、マップを見つつ近くのお店に向かってみた。

「アップルパイ」を購入したのは弘前駅近くのイトーヨーカドー内にあるジークフリート弘前店さん。1つ210円。

ジークフリート

サクサクのパイ生地は濃厚な味わいで、アップル部分は少々酸味が効いており、バランスがよい。

ジークフリート

アップルパイはあまり進んで食べるほうではないのだが、このように丁寧にしっかりと造られたものをいただくと、別のものも試してみたくなってきた。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:おやつ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/17(Sat)

ワンタン麺 (千葉食堂:青森県弘前市)

津軽地方では煮干しでダシをとったラーメンが食されているということで、老舗の千葉食堂を訪れてみた。非常に古風な佇まいのお店である。

千葉食堂

お店のメニューはこちら。

千葉食堂

いただいたのは「ワンタン麺」(550円)

千葉食堂

具はねぎとチャーシュー、ワンタン、シナチクで、

千葉食堂

細い縮れ麺が使われている。自家製麺とのこと。

千葉食堂

スープは非常にあっさりした味わいで比較的薄味であるが、麺によくスープがからまり、食べていくうちに丁度の味わいに感じてくる。ホッとするようなラーメンであった。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/16(Fri)

弘前城

青森県弘前市を訪れたのは少々前のことであるが、弘前城を散策したので記しておく。

弘前城

弘前城天守の説明。

弘前城

弘前城のある弘前公園は結構広いのだが、天守は小さめ。

弘前城

こちらは公園から見える岩木山。富士山のような独立峰でとても見応えのある山容。

弘前城


5月、桜の季節の弘前城は有名であるが、緑の弘前公園も開放感に溢れた場所であった。

FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/16(Fri)

タマゴサンド・イギリストースト (工藤パン:青森市)

青森での朝食には、地元パンメーカーである工藤パンさんのパンをいただいた。

こちらは「タマゴサンド」

工藤パン

素朴な味わいである。

工藤パン

そして「イギリストースト」。イギリスパンにマーガリンとグラニュー糖がまぶされた、どこか懐かしい一品。パン生地がふわふわで食感がよい。

工藤パン



FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:パン |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/15(Thu)

津軽そば (三忠食堂:青森県弘前市)

所用で青森県の弘前市を訪れたので、映画化された小説「津軽百年食堂」のモデルとなった三忠食堂さんに立ち寄った。

外観は古き時代のものそのまま。少々心配になりつつも入ってみると、気さくな親父さんに出迎えていただく。

三忠食堂

注文したのは「津軽そば」(530円)

三忠食堂

津軽そばは焼き干しでダシをとっているそうで、その焼き干しを出していただいた。鰯の頭とはらわたをとって焼き、干したものだそうで、苦みなどがほとんどなく、それだけを食べても美味しい。お酒のつまみにしたくなる味わいである。

三忠食堂

こちらが注文した「津軽そば」

三忠食堂

津軽そばは焼き干しのダシとの相性がよいのか、最初は味が薄めで物足りないように思うが、食べ進むほどに味わい深く感じてきて、何か不思議な美味しさがある。聞いたところによると、津軽そばは基本的には生めんの状態で一晩寝かせ、その後茹でていただくものとのこと。

三忠食堂

こちらは付け合わせの「そば餅」。こちらも素朴で味わい深い。

三忠食堂

お店では、だしつゆとは別につけつゆの味見もさせていただき、津軽地方のダシを堪能することができた。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2011/12/14(Wed)

チキン南蛮弁当 (くいしんぼ如月)

高知県にあるお弁当屋兼コンビニのくいしんぼ如月さんにて、お弁当を購入。

チキン南蛮弁当(如月)

いただいたのは「チキンナンバン弁当」。500円。

チキン南蛮弁当(如月)

中身はふりかけご飯に、

チキン南蛮弁当(如月)

チキン南蛮、

チキン南蛮弁当(如月)

そしてニラ玉。

チキン南蛮弁当(如月)

相変わらずの味わいである。
FC2 Blog Rankingに参加しています!
人気ブログランキングへ
Home | Category : 食べたもの:弁当 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top